読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

豆腐屋さんのおからと納豆をかき混ぜるとうまい

食べ物 食べ物‐おから

たまに豆腐店に行くようになった。できたての「おから」が、ビニール袋にパンパンに詰め込まれてたった100円で販売されている。

f:id:yamama48:20170326163336j:plain
※顔幅の広さはご想像におまかせします

大きめのジップロックコンテナに詰め替えたところ、入りきらないほどの量であることが判明。これで100円とは。

大き目の粒子が、「我は豆腐の搾りかすナリ」と主張してくる。おからパウダーを水や湯で溶いたものよりも、シャリシャリと歯ごたえを感じる。あと、おからそのものがおいしい気がする。

さて、これをどうするか。

おからをいかにしてズボラにおいしくいただくかは、「おからパウダー」でいろいろと実験済みだ。卯の花にしなければ、おからコロッケにしなければ、なんて思わなくていいことを示してきたつもりである。コーンスープに混ぜたり、マヨネーズとツナとチューブでバターを混ぜて和えたりすれば、それとなくマッシュポテト風になって実においしい。生おからになったところで、大差はなかろう。

yamama48.hatenablog.com 

yamama48.hatenablog.com

大豆コンボ

ふと視界に飛び込んできたのは納豆パック。どうせ大豆同士、不協和音を奏でることはあるまい。よし、混ぜよう。カサマシされて満足度が高くなるに違いないぞ。

f:id:yamama48:20170327072613j:plain

納豆パックのビニールは、上蓋にズラす派です。

f:id:yamama48:20170327072614j:plain

生おから投下。

f:id:yamama48:20170327072615j:plain

付属のタレをかけて、ちょっとしっとりさせて、そのまま混ぜる。

f:id:yamama48:20170327074312j:plain

完成!(美しくなかったので一応モザイク…)

これがもう、めちゃくちゃうまい。

納豆単体で食べるより好きかもしれぬ!最大のうまさ飛躍ポイントは「おかず感の向上」にあるのではないか。食べごたえが増したことにより、「ごはんの添え物」的なポジションから、それ単体で「1品のおかず」として成立する存在感を確立することができた。

そして「タレが本領発揮」したことも見逃せない。いつも納豆を食べるとき、付属のタレを全量入れると味が濃すぎるのでほぼ使っていなかったのだ。おからを加えた分、味も足さねばということでタレをすべて入れてみたところ、まァ!ぴったりの塩梅。

より高みへ

あまりにもおいしかったため、調子に乗っておからの量を増やした。

f:id:yamama48:20170327072617j:plain

おからを、納豆パックのなかでは収拾がつかなくなるくらいたっぷりと。

f:id:yamama48:20170327072618j:plain

”ねるねるねるね”し終えた納豆を乗せる。2016年のマイ・フェイバリット・ドラマTOP3に間違いなく入る「侠飯~おとこめし~」の教えに沿って、タレを入れる前に練った。その理由?ええと、なんでだっけ…(それじゃ意味がない)。

その後はまた、納豆付属のタレを全量入れて、まぜるのみ。

 

f:id:yamama48:20170327072619j:plain

粉雪、ねえ、納豆まで白く染められたなら、嗚呼、嗚呼…

レミオベスト

レミオベスト

 

納豆が気の毒になるほど、おからまみれに。しかしこれがまた実に満足度高く、さらなる高み(=おから増量)に手を伸ばしてしまいそう。通勤ルート上に豆腐屋さんがあってよかったな。

↓こっちもヨロシク!(引き続き愛用中です)