言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

神田駅からすぐの「ワニバル」でワニ肉など珍肉料理が楽しめる!女子会が盛り上がること間違いなし

f:id:yamama48:20180610120558j:image

こんばんワニの時間です。

神田駅近くにある、ワニやカンガルーやダチョウのお肉がいただけるという「ワニバル」さんに行ってきました。

f:id:yamama48:20180610120551j:image

こじんまりとした店内ながら、テーブル席とカウンター席の両方が用意されていて、我々が伺ったときには先客におひとりさまが1杯やっておりました。

f:id:yamama48:20180610120528j:image

ワニバルというからにはバル感を楽しもうと思い、生ビールではなくヒューガルデン(800円)を頼んでみました。バルとかビストロとか言われると、カッコイイ名前のビールを飲みたくなるのです。しかしバルとはなんなのでしょうか。ビストロもわかりません。私が好きなのは大衆酒場の4文字です(バル=サクッと飲める洋風居酒屋 だそうなので、大衆酒場ですね)。

ちなみに生ビールは「ドラフトモルツ香るエール(500円)」です。

f:id:yamama48:20180610120537j:image

手始めにオーダーしたのは「チョウザメのカルパッチョ(1200円)」。写真で見るよりも量は少なめ、大衆酒場にしては高級なお料理です。しかしチョウザメといえば、かのキャビアの親御さんです。そのくらい貴重な食材なのでしょう。

チョウザメはまったりと存在感があり、ピンクペッパーとよく合いました。せっかくだからモグモグ30回は噛みたかったのですが、あっさり飲み込んでしまう短気癖がつい……

f:id:yamama48:20180610120532j:image

ダチョウが食べたい、という理由だけで「ダチョウのタタキ風カルパッチョ(900円)」を頼んでしまいました。

カルパッチョを2連続で頼むほどのカルパッチャーなのに、カルパッチョとはなんなのかを知らずにいた自分に出会った時間でもあります。頭の中にビジュアルは浮かべども、「薄切りにしてオリーブオイルやスパイスで和えたもの」なのだと即答できますか?私はできません、だから食レポライター失格なのです。

なんとダチョウは生食もできるのだそうです。外側だけを炙ったこのお料理、ビジュアルからして牛肉のようでした。

f:id:yamama48:20180610120542j:image

でも、ダチョウです。こうして、インスタ映えを意識した小物もしっかり用意してくださるぬかりなさ!

ところで私は日頃クーポンなど使わないものですから存じ上げなかったのですが、なんと食べログさんのクーポンを使えば900円のところ490円になっていたそうです。これはデカイ。

いや、しかし私はクーポンなど使いませんから、いいのです。全く意に介しておりません。後悔などなにもありません。マクドナルドでアプリを立ち上げたことなんてないくらい、リッチな暮らしをしております(マックナゲットが100円のときは高確率でマックに行きます、ソースは「つけない」派)。

f:id:yamama48:20180610120524j:image

続いていただいたのが、ワニバルさんの看板商品でもある「ワニレッグステーキ(2500円)」です。決してアンクの手(仮面ライダーオーズ/OOO)ではありません。

f:id:yamama48:20180610120555j:image

裏側はこんな具合です。

約350~400gとのことですが、骨もなかなかしっかりしていたので、ひとりじめしないと満腹にはならないくらいの量です。

いつもはオーストラリア産のワニの後ろ足を出しているそうなのですが、今回は調達できずタイか台湾のワニだとおっしゃっていました。予め皮が剥がれていたのでこのような写真となっていますが、オーストラリア産なら皮付きで提供されるとのこと(より一層、アンク感が……)。

f:id:yamama48:20180610120547j:image

カット中の様子です。鶏肉のような食感と淡白な味わいでした。鶏は鶏でも、もも肉に匹敵するジューシーさ。プリッとしていて鶏よりあっさり。お店のケイジャンスパイスの味付けがまたすばらしく、とてもおいしかったです。ハナマサで買えたらいいのに、と思いました。

f:id:yamama48:20180610120520j:image

「でかいフィッシュ&チップス(900円)」なるお料理も頼んでみました。ポテトはあるだけ食べてしまう割に幸福感が少ない(私の主観)ので、フィッシュのみという贅沢な注文の仕方をしました。(たぶん、値段は変わらないと思います)

バサと言われるナマズだそうです。スーパーで「白身魚」という名前で見かけるもののひとつだと思います。私はスーパーの白身魚フライが大好きです。一緒にしてはいけませんが、このバサ天(バサの天ぷら)も大変おいしかったです。身がほろっとしていて、あっという間に飲み込めてしまいます。もっと咀嚼していたいのに!

f:id:yamama48:20180610120603j:image

一般的なメニューもいろいろあります。「旬野菜のピクルス(480円)」は、ワニの皮を彷彿させるゴーヤが入っているのがニクイなと思いました。

女3人で、それぞれ3杯くらい飲んで1人4,000円いかないくらいだったでしょうか。お酒はリーズナブルですが、お肉は希少価値がある分、少しお高めという印象を持ちました。

写真撮影に適した動物フィギュアもお借りできますし、女子会などには盛り上がってよいと思います。ちなみに飲み放題付きコースもあり、かなりお手頃価格だったのですが珍肉メニューは含まれていない様子でした。ジビエをお求めの方はアラカルトでガンガンそういうものだけを頼んだほうが面白いです。

店舗情報(食べログクーポンも要チェック!)

住所:東京都千代田区鍛冶町2-7-11 B1F(JR神田駅東口 徒歩2分)

営業時間 :16:00~03:00(※2018年6月現在 ディナーのみ/日曜定休)

電話番号:050-5595-4876

※上記情報は食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13219768/)より引用しています。食べログはクーポンもあるしネット予約もできて便利でした!