言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

錦糸町でランチビュッフェ!東武ホテル「ヴェルデュール」は飲み放題付ディナーも6,000円前後で楽しめる

 

f:id:yamama48:20180503163636j:plain
f:id:yamama48:20180503163651j:plain

錦糸町駅北口から歩いて5分ほど、「東武ホテルレバント東京」2階にあるバイキングレストラン「ヴェルデュール」に行ってきました。

昼の部は11時半から予約できて、90分制。正規料金だと祝日は4,400円となかなかですが、平日なら3,000円足らずだそうです。

 店内はかなり広く、料理台は店内の奥の方まで続いているので序盤に登場する料理にときめいて盛りすぎないよう、注意が必要です。席に案内される際、スタッフさんから「一列に並んでいただく必要はありませんので、好きなところからお取りください」とひと言いただくにもかかわらず、並んでしまう日本人の習性よ。

f:id:yamama48:20180503163813j:plain

手前にこういう、ザ・バイキングと言わんばかりのローストビーフなどがあるのも誘惑なのですよね。でもこのローストビーフ、品切れることはありませんでしたから後でもよいと思います。

f:id:yamama48:20180503163428j:plain

奥のほうの料理台には中華料理やステーキ、カニなどがあるので真っ先に奥の方を攻めてもよいくらいです。

カニばかり召し上がっているテーブルもありました。私は食べていません。なぜならばカニは食べるのに時間がかかるしお腹がいっぱいにならないし、手がカニ臭くなるからです。

f:id:yamama48:20180503163453j:plain

最初はリブロースステーキ、ローストビーフ、メンチカツというラインナップで、ビールをいただくことにしました。ドリンク代は別です。「生ください」と申し上げましたら「キリンかアサヒがあります」とのことで、無類のスーパードライ派としてはアサヒ一択です。そうしましたらエキストラコールドがでてきました。そこまで冷えていなくてよかった。そしてキリン(700円)より高い(800円)ではないか。巧妙な罠でした。ケチンボなのでこういうのは根に持ちます。

f:id:yamama48:20180503163518j:plain

早く食べたいという一心で、料理台から大急ぎで席に戻ってきてしまったものですから、ナイフを持ってくるのを忘れていました。「とにかく箸があればどうとでもなる」。これは私の食事における格言のひとつです。ステーキも、ナイフでひとくちサイズにすることなくガブリ。バイキングですから、海賊を彷彿させる豪快さが肝心要だと思われます。

f:id:yamama48:20180503163530j:plain

ローストビーフもしかり。くるりと巻いて、1枚をひと口でいただきます。口に広がる肉感。私はいまタンパク質を摂取している。

f:id:yamama48:20180503163706j:plain

ところで、メンチカツはひとり1個までです。入場時にこういうチケットが渡されまして、これを料理台で提示しないと食べることができません。そんな貴重なメンチカツ、非常に淡白で上品なお味でした。もっとガツンとしたB級メンチを求めていましたが、せっかくのホテルランチですから、普段なかなか遭遇できない味を体感できることは幸せです。絶対に唐揚げやピザの誘惑には負けないぞ。

f:id:yamama48:20180503163724j:plain

ソフトクリーム盛り放題とかにも、負けたくない……ソフトクリームはマクドナルドでも食べられるのだ……でも、ああ、マシン上のとぐろ巻きオブジェが神々しく光っている……(結局食べました)

f:id:yamama48:20180503163538j:plain

すぐさま2皿目。仕切りつきのお皿が用意されていることに気付き、使ってみたものの、自分がいま何を食べたいのかがわからなくなってしまった結果、まんなかがきれいにあいた「モーセ盛り」と相成りました。

左上はかぼちゃサラダ、右下はデザート盛り。対する左下は豚角煮で右上はモツ煮です。この、対角線上で炸裂するデザート感と煮物感。それらが交わったとき、何かが起こる……はずがありません。どれもそれぞれに美味しゅうございました。

モツ煮は根菜やこんにゃくもたっぷり、しかもよく煮込まれていて家ではなかなかすぐには作れないものでしたので、嬉しかったです。煮物、1年に2回くらい作りますけれども、野菜が固いうちに待ちきれずに食べてしまうのです。待てるあなたは、偉い。誇りを持ってください。

f:id:yamama48:20180503163346j:plain

デザートは、こちらの安納芋のスイートポテトがたいそうおいしかったです。ビュッフェのプチデザートといえば、もそもそしていて、スーパーで買えそうな味で、盛り付ける行為は負け犬の烙印を押されるようなものだと考えていましたが、デザートはいずれもおいしかった。6月まで「九州グルメフェア」が開催されており、安納芋をはじめ、あまおうなど、九州の名品が生かされたスイーツというのも嬉しいものです。

f:id:yamama48:20180503163601j:plain

そりゃもう、おかわりも進みます。

f:id:yamama48:20180503163613j:plain

ローストビーフは、この、ゴマとスパイスをごま油に浸けた調味料といただくと格別でした。白いご飯に乗せればよかったと、いま後悔しています。

こんなに素敵なホテルビュッフェなのに、料理台中央のいい位置にこんなものが。

f:id:yamama48:20180503163404j:plain

味噌汁マシンです。

寸胴鍋に入れてIHで温め続けるよりも、実はこちらの方がおいしさが安定しているのではないでしょうか。

f:id:yamama48:20180503163416j:plain

具もいっぱいある。ここまでご紹介しておきながら、飲んでいないので味の感想が申し上げられません。代わりに、モツ煮がおいしかったことを改めて記載しておきます。

お店情報

スーパーダイニング ヴェルデュール

住所:東京都墨田区錦糸1丁目2番2号 東武ホテルレバント東京2F(最寄駅はJR総武線・錦糸町駅/東京メトロ半蔵門線・錦糸町駅)

営業時間:【朝】06:30 ~ 10:00/【昼】月~金 11:30 ~ 14:30 土日祝 11:30 ~ 15:00/【夜】17:30 ~ 21:00

曜日や時間帯によって価格が異なりますので、プランは事前にご確認くださいませ。予約をしておくのがおすすめです。

▼「一休」経由で予約すると10%オフ!平日ランチなら2,700円、ディナーでも3,150円です!
スーパーダイニング ヴェルデュール/東武ホテルレバント東京