言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

ランチタイムは昼定食、ディナータイムも昼定食!?浅草橋の居酒屋「食楽」はいつ行っても居心地最高

f:id:yamama48:20181017111723j:plain

こんばんは、食事を楽しむ時間です。

浅草橋駅西口から少し歩いたところにある、夜でも定食がいただける居酒屋さん「食楽」さんをご紹介します。

ランチ定食は650円から。寿司10貫で1000円

f:id:yamama48:20181017111749j:plain

飲食店が点在している住宅街、この店構えです。

私のなかの鬼太郎が「父さん、妖気を感じます」と囁いてきました。私は彼の父ではないし、女です。でもそんな無粋なツッコミをするほどガキじゃあありません。「そうか鬼太郎、君は語彙が少ないようだから妖気と呼んでいるが、これは”グッとくるお店のオーラ”だよ」と大人らしく教えてやりました。

f:id:yamama48:20181017111737j:plain
f:id:yamama48:20181017111808j:plain

入店して視界に飛び込んできたのは、テレビです。

テレビがあるお店、もしくはキャベツが食べ放題のお店と私の相性はかなり良いのです。勝利を確信しました。

手書きのメニュー短冊、ビー玉を置いたら転がっていってしまいそうな床、不思議な間取り、そして穏やかなマスターの「いらっしゃいませ」の声!

f:id:yamama48:20181017111742j:plain

ランチメニューがどれも安い。にぎり10貫がたったの1,000円です。ひとくちサイズなんじゃないだろうか。

お店の名前を冠した「食楽丼」に惹かれつつも、玉子気分。ストレートに「カニ玉」を選ぼうかとも思いましたが、あまり見かけない「海老玉丼」をお願いしました。

f:id:yamama48:20181017111753j:plain

750円とお手頃価格ながら、実に立派な定食でした。撮影しそこねてしまいましたが、左下の味噌汁がニクイやつなのです。とにかく具だくさん。

あんはそれほどドロッとしておらず、ごはんなしでいただいてもちょうどいいくらいのあっさりした味付け。小ぶりなエビがごろごろと入っています。また、木製スプーンというのがじわりと響きます。独特の少しざらっとした口当たりになぜか心があたたまります。

マスターから「メニューにはランチって書いてあるけれど、夜も同じものを食べられるからね」と声をかけていただきました。「夜価格になるんですか?」と問えば、「いえいえ、そのままのお値段で出していますよ!」とのこと。

既に大好きなお店になっていましたが、1度限りの訪問でわかったようなことは書けません。再訪を誓いました。

夜ごはんにランチ定食をいただく

f:id:yamama48:20181017111834j:plain

2度目の訪問は夜にしました。さて、何をいただこうか。

ところで再訪の前に、飲み仲間でブログ「趣味全開で淡々と」を書いているキュウさんに食楽さんの情報をお伝えしてみたのです。すると数日後、「ランチ寿司」のレポート画像が送られてきました(下の写真)。

f:id:yamama48:20181017220935j:image

ランチ(といっても夜も食べられる)寿司、1,000円でこのボリューム。ネタも大きいとのことでした。夜のシャリは糖質の呪いがかかっていますから、寿司以外の選択肢を選ばねばなりません。ああ、お昼であれば寿司だった!

悩んだ挙げ句、秋限定の「さんま定食(980円)」にしました。

f:id:yamama48:20181017111732j:plain

立派なさんまに目を奪われますが、この定食になにか違和感を覚えませんか。やままスペシャル仕様という名の「ごはん無し定食」にしていただいたのです。

「ごはんはいらないです」とお伝えしましたところ、「じゃあ、野菜をたっぷりにしましょうか!」と言って、ごはん茶碗にめいっぱいのサラダを盛り付けてくださいました。そして例に漏れず、お味噌汁の具はもやしや豆腐がもっさり入っています。見た目以上に満腹になりました。

f:id:yamama48:20181017111755j:plain

テレビがあるので、ひとりでも楽しい夕餉です。マスターもたまに話しかけてくれて、その距離感がとても心地いい。「なぜかいつもごはんを振る舞ってくれる友人の家」ってこんな感じかなあなどと思います。

近所にお住まいの方や、お勤めの方がふらふらっと訪れる雰囲気もまたちょうどいい。5名ほどで談笑していらっしゃるグループもありましたが、全然騒々しくなく、むしろにぎやかになって食事がおいしく感じるくらいでした。

日本酒が進む…!居酒屋としての食楽さん

昼と夜に定食をいただいた私は、食楽さんのことをもっと知りたくなりました。まだ体験していないことといえば、居酒屋メニューです。

前述のキュウさんや、友人でブロガーのハチさん(ブログ「きまぐれハチログ」)たちとともに、食楽さんでお酒を飲み交わすことにしました。

f:id:yamama48:20181017111723j:plain

お通しのさんまの煮付けの時点で、みなさんをお連れした私は鼻高々です。ふっくらしていて、しょっぱくなくて、とてもおいしい。ごはんに乗せたい。

f:id:yamama48:20181017111728j:plain
f:id:yamama48:20181017111805j:plain

唐揚げと、アジフライと、とお願いしたら、人数分ずつ盛り付けてくださいました。だし巻き卵も5等分。何も言わずスッとこの状態で持ってきてくださるのが本当にうれしいのです。アジフライがふわふわ。

f:id:yamama48:20181017111744j:plain

日本酒飲みがいたので、迷わず刺し盛りをオーダー。価格を確認しそこねてしまいましたが、お酒もそこそこいただいて最終的にひとり4000円に満たないくらいでしたから、リーズナブルだったのだと思います。

1列目センター、すなわち平手友梨奈さんのポジションにある白身魚が歯ごたえがあっておいしかったのですが、名前を忘れました。フエダイだったかな……。

ぬる燗片手に厚切りのお刺身に舌鼓を打っているところに、珍味2種。

f:id:yamama48:20181017111801j:plain
f:id:yamama48:20181017111829j:plain

さんまのハラワタ部分と、イカのキモです。イカはラップの下に氷があるのがわかりますでしょうか。ルイベ状態のキモを口のなかに放り込み、ぬる燗の日本酒が追いかける……。

宴会コースは要予約ですが、7品で3000円、飲み放題(時間制限なし)を付けても4500円と大変魅力的です。ここまで堪能しなければ「食楽ファン」は名乗れないな。来年の誕生日会の会場候補になりました。参加したい人~?

お店情報(なんとネット予約もできる)

  • 店舗名:食楽
  • 住所:東京都台東区浅草橋2-16-8(浅草橋駅西口が最寄り)
  • 電話番号:050-5594-6856
  • 営業時間:【ランチ】11:30~14:00【ディナー】17:00~22:00(L.O.)(日・祝定休)

▼ネット予約は「食べログ」から
https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13166818/

※上記情報は食べログページより引用しています

▼キュウさんのレポート記事
1人で行っても仲間と行っても食べる楽しさが食楽にはある!@浅草橋 | 趣味全開で淡々と

▼ハチさんのレポート記事
アサクサバシフードフェスティバル。和食 食楽。蔵前。かっぱ橋道具街。魔性の味 珈琲のオンリー。鏡台修理。 - きまぐれハチログ