言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

私は「漫画ゴラク」のことを「漫画倶楽部」だと思い込んでいた

ネットサーフィン中に「目からウロコの投資法!」という文字が飛び込んできて、咄嗟に心のなかで「目からウンコの投資法」と読み上げてしまった。完全な空目なのだが、おそらく、

ウロコ

ウ□コ(伏字)

(伏字にしつつ、ウではじまりコで終わるものといえば)ウンコ

という変換が瞬時になされたのだ、と思う。人間の脳ってすごいなあ。 

漫画ゴラク 2017年 10/27 号 [雑誌]

漫画ゴラク 2017年 10/27 号 [雑誌]

 

この勢いに乗って、空目というか、長年抱き続けていた勘違いのひとつを白状しておこう。社会人になるまで、私は「漫画ゴラク」のことを「漫画倶楽部」だと思い込んでいた。

漫画ゴラク

漫画ブラク(独特なフォントゆえ、ゴとブを読み間違えた)

(戦前は横書き文字って右から左に読んでいたよな、そのノスタルジィをタイトルで表現しているのか、きっとそうだよな)漫画クラブ(←ブラクを右から読むとクラブになる)

という図式である。しかもノスタルジィ感を醸し出すために、「クラブ」は脳内で「倶楽部」と漢字変換されていた。『有閑倶楽部』の影響だろうな。

そりゃ変だとは思っていた。なんで同じ横書きなのに、かたや漫画は左から右へ、残るブラク(正しくはゴラクだが)は右から左に読まねばならんのだ。

でもその「おかしいな」を覆す、我が思い込み力。この力を何かに活かせないものだろうか。

過去の思い込みのせいでいまだに「漫画ゴラク」を見ると一瞬「漫画倶楽部」と読んでしまい、「ちがうちがう」と自分に言い聞かせてから「漫画ゴラク」と読む流れが直らない。いつかスッと読めるようになりたい。

それでも今日もメシを食う

yamama48.hatenablog.com

過去にこんな記事(上記リンク参照)を書いたことがある。いまだに「塩こうじに浸けた鶏むね肉」は大活躍しており、今日もハナマサで安く仕入れてきたばかりだ。

まるまる1枚を適当な大きさにカットし、片栗粉をまぶし、沸騰したお湯の中に投下したらくっつかないようにほぐして、フタをしたらすぐに鍋の火を止める。20分以上そのまま放置すれば、ぷるるん鶏もも肉の完成。全然手間がかからないのに、市販のサラダチキンより安くてうまい。

昼ごはんの弁当としてしょっちゅう会社に持参している。

スクリュー式のジップロックコンテナにめいっぱい。

めいっぱい。

味付けはそのときどきで。味塩コショウが無敵だが、醤油をかけていただくこともある。カレー粉は近日中に試したい。

ところで私の弁当は本当にこの鶏もも肉のみである。日の丸弁当は「ごはんと梅干」なので、私の弁当より1品目多いことになる。いいなあ。

でもまったく悲壮感なく、連日この弁当であっても心の底から「うまいなあ、うまいなあ」と思いながら食べられる私は真に幸せ者である。

 ▼Amazon等で購入できる液体塩こうじ(500ml)は本当に便利!