言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

鶏レバーの下処理ができるようになりました

ç¼ãé³¥ã®ã¤ã©ã¹ããã¬ãã¼ã

こんばんは、鶏レバーの時間です。

食事レコーディングアプリ「あすけん」を再び使い始めてから早1ヶ月半。あすけん先生に「ビタミンAが足りない」と指摘されるので、レバーを食べることにしました。

臓物はなんでも好きです(羊の腎臓は臭くて食べられなかった)。しかし「下処理」という3文字は面倒くさがりの料理嫌いの心に影を落とさせます。チャッチャと作って食べて終了にしたいのです。仕込み時間とかそういうの、やめてください。

Googleで「レバー 下処理なし」などで調べると、「さっと洗うくらいでOK」という心強いコメントが視界に入ってきました。少し臭いですが、のような前置きをしているものもありましたが、臭いくらいでちょうどよいではありませんか。

最初に使ったのは、豚レバー。20~30分くらい塩水に漬け、片栗粉をまぶして焼いただけですが非常においしくできました。その上安い。ビタミンAたっぷりで、あすけん先生からもほめてもらいました。

続いてチャレンジしたのが鶏レバーです。野菜の皮なんかと一緒に一度茹でれば臭みが取れるから、あとは砂糖と醤油を絡めて焼けばおいしいよ、という簡単レシピを教わったので早速実践しました。

鶏レバーはハツと切り分けて血抜きをするとよいとのこと。ハツやレバーの中に血の塊があるので、それを洗い流していきたいのです。


鶏レバーの下処理は簡単です♪

適当にザッとやるつもりでした。でも、

ものすごく楽しかった。

毛穴に詰まった角栓を剥がすシートで味わった、あの感覚。遠い日の記憶が蘇りました。

忙しくなると「毛穴すっきり動画」とか「粉瘤手術写真」などを見てしまう癖があるのですが、鶏レバーの下処理は同等のカタルシスを私にもたらしてくれたのです。

お手頃価格なので、購入しやすいのも素敵です。「イライラしたら鶏レバー」を生活に組み込んでいこうと思います。豚レバーにはおよばないまでも、ビタミンAが摂取できます。あすけん先生にほめられる。

早くまた下処理したいのですが、まだレバー煮を食べ切れていません。まずはそっちから……。

レバー煮以外の簡単料理レシピを探す旅に出ます。

 
 
 
View this post on Instagram

人生初の鶏レバー煮づくり。 時間はかかるが簡単でした。コーラ大活躍

やままさん(@yamama48)がシェアした投稿 -