言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

月島のあんこう鍋店「ほていさん」で忘年会

冬はあんこう鍋が食べたい。月島で有名なあんこう鍋のお店「ほていさん」で忘年会。鍋に乗ったあん肝が輝いている。

最近新しい店舗ができたそうで、そちらに。

「ザ・居抜き」な店構えで、前世は中華料理店だったことがよくわかりました。

「ほていさん」はあんこう鍋をたっぷり楽しむおまかせコース(7,000円)のみのお店。もちろん飲み物代は別!大所帯の忘年会だったのだけど、たっぷりしっかり堪能するならコンパクトな人数のほうがよいかもしれない。だって7,000円だもの。

突出しのめかぶと、

ごま豆腐。あっさりしていておいしかった。

あんこう鍋の前に、まずはこの刺し盛りから。ツマはしなびた大根なんかじゃなく、海藻なのがすごい。以前伺ったとき、感動して海藻をむしゃむしゃ食べていたら「そんなものでお腹を膨らませちゃだめ」とお店の方にアドバイスを受けた。なにせまだこれは前菜のようなものなのだ。あんこうのためにお腹を残しておかねばならない。それにしても1切れが分厚いのなんの!

あん肝がもっさりと盛り付けられたあんこう鍋。「ほていさん」では鍋奉行の存在は無意味!お店の方がすべて仕切ってくれるので、鍋に勝手に手を触れてはならない。おかわりの1杯も、お店の方がよそってくれる。

あん肝を、あん肝のまま、舐めたかった……という想いも、少しはあった。

盛り付けていただいたものがこちら。あん肝パワーでスープがオレンジ色。肝の”濃い風味”はスープに溶けだしており、そのなかを泳ぐあんこうの身をめいっぱい楽しむことができる。ぷりぷりで淡泊でおいしいなあ。

ところで私は宴会コースの鍋メニューが不得手である。ひとえに「調理するのが面倒くさい」からなのだが(盛り付けが面倒くさかったころもあるが、ババアになるにつれ、”じゃ、セルフサービスで”と言いながら率先して自分の分だけ盛り付けることに抵抗感を持たなくなった。歳をとるっていいことだ)、ほていさんは全部お店の方が助けて下さるのでうれしい。雑炊にするときの溶き卵の入れ方が下手だなんだとヤジられることもない。食ったら同じだろうが!箸をつたわせて入れるなんて器用なことできねえよ!(ちなみに、ほていさんの鍋には溶き卵は入っていなかったと思う)

雑炊も本当においしかった。鍋の”残った汁”でごはんを煮立たせるわけで、美しいかというとそれはなかなか難しいところがあるのでモザイクをかけてみた。おいしさとフォトジェニック度は比例しないことをお伝えしたい。「インスタ映え」フードが本当においしいのかどうか、疑問に思わされる瞬間だった。

旨みの滲み出た雑炊。糖質制限をしている人も、その辺のケーキやクッキーを我慢するのは大いに結構だが、これを食べなかったら本当に後悔するから食べてほしい。

ドリンクは、参考までに生ビール中ジョッキが700円、大瓶だと1,000円。そんなわけなのでお会計は1人あたり8,000円ちょっとというところ。年末の贅沢な時間だったなあ。

ところで、前回伺ったときは食べきれないほどのボリュームだったもので、今回は後悔するものかとジップロックコンテナを持ち込んだほどなのだが、お刺身もお鍋もちょうどいいくらいの量で、残すことなくぺろりときれいにいただいてしまった。私が少食になっただけなのかな……

お店情報

店名:ほていさん
住所:東京都中央区月島3-9-7
電話:03-3531-5200 (※予約制)
営業時間:[月〜金] 18:00~23:15/[土・祝] 17:00〜21:15/日曜定休

ほていさん 本店 - 月島/鍋(その他) [食べログ]