言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

ファミマ「おつまみグリルチキン」に「炭火やきとり風味」が加わり3フレーバー展開に!いかに素晴らしいかをまとめました

こんばんは、鶏肉の時間です。

皆さんきっとサラダチキンのことがお好きなのでしょうが、私もアマタケさんのサラダチキンが大好きでたまらないのですが、今日は別のチキンのお話です。その名も「おつまみグリルチキン」

ファミリーマートのチルドコーナーで販売されている200円弱のチキンですが、アマタケさんのものを除いては、世のサラダチキンよりずっとおいしいし便利でおすすめです。2016年末にブラックペッパー味が登場して以来ずっとファンでして、2018年に「炭火やきとり風味」なるニューフェイスが現れましたので、ここでいかに「おつまみグリルチキン」が素晴らしいかをご紹介します。

ちょっと安い

よく見かけるサラダチキンは、だいたい100~120gで250~300円程度かと思います。その点、おつまみグリルチキンは75g(炭火やきとり風味は70gだったはず)で189円です。

食べ方カンタン

120gのサラダチキンを「ちょっと多すぎる」とお思いの方も多いのではないでしょうか。(アマタケさんのものは別として、)世の多くのサラダチキンは胸肉ならではのモソモソ感がつきまとい、あまり大量に食べられるものではありません。ああ、脂が恋しい。

その点、75gというのは絶妙な量です。しかもパッケージを開けてワンハンドで食べることができます。

実はサラダチキンを片手でいただくにはコツが要ります。なぜならばパッケージ内に「サラダチキン汁」 が含まれており、油断をするとサラダチキン臭が詰まった汁が我が身に降りかかるのです。

その点、おつまみグリルチキンは汁気がないしパッケージも袋状になっていて便利。安心して「ながら作業」に臨んでください。みっともないとか行儀が悪いとか言われても、己の信じる道を突き進みましょう、共に!

うまいから惨めにならない

安かろうと便利だろうと、不味かったら話になりません。ファミマさんといえばライザップさんとの共同開発商品も人気ですが、「ライザップコラボサラダチキン」は二度と買うまいと思いました。モソモソの極み、その味に名をつけるなら「ストイック味」に決まりです。

その点、「おつまみグリルチキン」シリーズときたら……

ちゃんと、鶏肉。
チキンを食べているときのあの充実感がしっかり味わえるのです。 

特に、前掲の最新フレーバー「炭火やきとり風味」と2017年に登場した「ゆず七味風味」のしっとり感はもも肉ステーキを食べているときと同じ幸せを感じることができます。

ブラックペッパー味を初めて食べたときもサラダチキンとは一線も二線も画したノン・ストイックな歯ざわりと味わいに目を見張ったものですが、やきとりとゆずと比較してしまうとしっとり感がやや乏しい印象です。

おわりに

f:id:yamama48:20180512211809j:image

注意したいのは、3点いずれも「おつまみ」を標榜しているため味が濃いということ。購入時は生野菜や塩にぎりなどを一緒に購入するとよいかもしれません。ビールがあるといちばん良いのですが。

かつては糖質制限に取り組んでいたこともありますが、いまとなっては「ただの人」。ゆえに栄養価のチェックを失念しております。申し訳ありません。近所のファミリーマートで各自見定めていただければと存じます。