言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

約20種のあんぱんがズラリ!食べ歩きにもおすすめ、あんこ屋さんが営む浅草のパン屋さん「あんですMATOBA」

こんばんは、あんぱんの時間です。

これまで「あんぱんといえば木村屋」だと思っていた銀座OLですが、今日から「あんぱんといえばMATOBA」になりました。

あんぱんだけで20種!浅草寺裏「あんですMATOBA」

f:id:yamama48:20180901171522j:plain

浅草寺周辺を散歩していて出会ったのが、「あんですMATOBA」さんです。浅草寺の裏にあり、浅草駅からだと歩いて15分ほどでしょうか。

店名、ロゴ、そして垂れ幕に書き記されている「餡子専門店のあんぱん」の文字。

f:id:yamama48:20180901171551j:plain

気になって近寄ってみれば、窓一面に怒涛のあんぱんセレクションが告知されているではありませんか。Wordで作ったと思しき、イタリック体を駆使したA4張り紙がイカしてる。手描きバージョンのポスターも素晴らしい。

あんぱんは糖質まみれ……そう思いつつも、入店せずにはいられませんでした。

店内には張り紙で紹介されていたとおり、基本のあんぱんからオリジナリティあふれるあんぱん、さらには惣菜パンや甘納豆に至るまで、所狭しと陳列されていました。あとで調べてみましたら、常時20種類以上のあんぱんを販売しているのだとか。

f:id:yamama48:20180901185339j:plain

バリエーション豊かなあんぱんの数々

せっかくなので、とくに気になった3品を購入してみました。

f:id:yamama48:20180901171528j:plain

店長おすすめ、と書かれていたメロンあんぱん、栗の形をした天津甘栗あんぱん、そしてよもぎパンのなかにずんだ餡が入っているというずんだあんぱんの3種です。いずれも160円でした。

f:id:yamama48:20180901171706j:plain
f:id:yamama48:20180901171214j:plain

天津甘栗あんぱんは、餡のなかに甘栗がごろごろと。白ごまがいいアクセントになります。

f:id:yamama48:20180901171531j:plain
f:id:yamama48:20180901171524j:plain

メロンあんぱんのなかに入っているのは、なんとうぐいすあん。

カスタードクリームやホイップクリーム、チョコレートクリームなどが入っているメロンパンは見たことがありますが、まさかうぐいすあんとは。メロンパンという存在のメロンらしくなさを、うぐいすあんの緑が補ってくれているのですね。

メロンパンのまんなか(白い部分)って、もそもそしていて口の中の水分を奪われる印象があり、嫌いです。でもあんぱん化することで中身しっとり!このメロンパンは、好きでした。

小ぶりとはいえ2個もあんぱんをいただくと罪悪感まみれになってしまい、ずんだあんぱんは手土産としてプレゼントしてしまいました。きっとおいしかったろうと思います。

餡子屋さんのアンテナショップとして

「あんですMATOBA」さんは千葉県は松戸にある「的場製餡所」のアンテナショップという位置づけで、1980年に開業されたとのこと。

なぜアンテナショップが和菓子店ではなくパン屋さんなのか?

お店のホームページを拝見しましたら「パン屋の娘と餡子屋の息子が結婚して誕生した」お店であるとの情報が。現在の代表は2代目とのことです。

短時間の訪問でしたが、もっとじっくりとあんぱんを見比べたり、惣菜パンを食べたりしたかった!甘納豆などもショーケースに並んでいました。次は焼きいもあんぱんを食べたいなあ。

 

お店情報

店舗名:ホームベーカリー あんですMATOBA

住所:東京都台東区浅草3-3-2

営業時間:AM 8:00 ~ PM 6:30(日祝定休)

電話番号:03-3876-2569

ホームページ あんですMATOBA - 株式会社 的場製餡所
(惣菜パンも含め、全種類のパンの写真が掲載されています)