言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

祐天寺「もつやき ばん」こそ1人飲みがおすすめなお店

f:id:yamama48:20190516174828j:plain

こんばんは、もつ焼きばんの時間です。

目黒区は祐天寺の近くにあるもつ焼き居酒屋「ばん」

同じ名前のお店が中目黒などにもあってまぎらわしいのですが、私にとっての「ばん」は祐天寺です。

毎日16時にはあいていて、土日はもっと早くからやっていたと思います。非常に安く、おいしいもつ焼き。1本100円。目黒区なのに。駒沢通り沿いなのに。

一人暮らしをしていたころ、ちょくちょくひとりで顔を出していました。

飲みたい、ひとりはさみしい、でも知人の話に付き合うのはかったるい。

そんなときは、ばんでした。たまたま近くに行く機会があり、がまんできずに開店早々に伺った次第です。

気遣いがうれしい

お店は大変狭く、カウンター席も肩をすくめながらになることしばしば。店内は大いに盛り上がっているので会話どころではありません。だからひとりで来るのがベストなお店なのです。カオスすぎて恥もへったくれもないから、ひとりメシが苦手な方にも心からおすすめしたい。

この日もカウンター席、おじさんとおじさんの間を縫うように座りました。

元気なお兄さんが「何にします?」。

名物は生レモンサワーだけど、しぼるのが面倒くさいので私はいつもホッピーです。ナカは半分でいいと言うと、

「もったいないから、このコップに入れておきましたんで!」

f:id:yamama48:20190516174708j:plain

小さなビールグラスに残り半分のチューハイを注いで手渡してくれたのでした。

仰々しいオモテナシなどよりも、こういうちょっとした気遣いに溢れたお店。

店員さんは海外の方も多いけれど、みんな一生懸命。狭いお店だからこそしっかりお客さんを見ていて、粗相があるとすぐに注意してくれるから女性ひとりでも全然問題ないのです。

もつが苦手な人にあえて行ってほしいくらい

久々でうれしくて片っ端からオーダーしていきたかったけれど、とりあえず落ち着いて、もつやきを数本。

f:id:yamama48:20190516174824j:plain

シロ(大腸)、フランス(頭肉)、おっぱい(その名の通り)、わっぱ(膣)。

ばんでしか食べたことのない部位はいろいろある。おっぱいは決してふわふわもちもちではないことも知りました。おっぱいだけどシコシコ食感とはこれいかに。22時UPの記事だから許してください。

f:id:yamama48:20190516174834j:plain

これがわっぱです。こりこりしていて軟骨串のよう。

f:id:yamama48:20190516174821j:plain

定番のもつ煮(たしか350円)も食べる。

もつ煮などをいただくと「おいしい」と言う代わりにすぐ「臭くない」「食べやすい」などと表現しがちですが、本当に臭くないんだからびっくりしてしまいます。

私は多少臭いくらいでも好きなのだけれど、ばんのもつ煮は味噌の香りのみ。こんなに(香りが)さらっとしているもつ煮、そうそうないんじゃないか。これを知ってしまうと、そんじょそこらの「臭くない」を疑ってかかってしまいます。

それぞれに自分の時間を過ごせばいい

楽しく飲み食いしているうちに、いつの間にか隣の席のおじさんと与太話をしていました。まったく中身のない話で、内容をぜんぜん覚えていない。恵比寿から来たと言っていたっけ。

そこに隣の隣のおじさんも加わってきて、私は隣の隣のおじさんとは直接喋っていないのだけど、みんなが好きなタイミングで好きなことを喋り、相づちをうつひとときはよいものでした。

反対側の隣席にいたおじさんはサッとお会計して出ていってしまい、入れ替わるように「女史」という言葉がぴったりな、眼鏡の凛としたおばさまが。

我々がだらだらと与太話をしながら飲み食いする一方で、女史はビール片手にもくもくと読書に励む。

これもまた、ばんの大好きなところなのです。たぶんこのモードの女史に執拗に話しかける者がいれば、彼は店員さんに諌められること間違いなしです。めいめい、自分の時間を過ごすことができる。だから結果的に店内が混沌とする。

ハムカツと「サービス品」でフィニッシュ

f:id:yamama48:20190516174838j:plain

揚げ物も食べたくなって、ハムカツ。ソースがしみたレバカツも好きだがこの日の私はサクサクを求めていた。サクサクサクセスしたい、フリーランスとして。

f:id:yamama48:20190516174841j:plain

「これサービス!」

ひとしきり食べたところでお兄さんからお漬物のプレゼント。お客さんみんなにこうしてサービス品を配っていたのでした。

私が『孤独のグルメ』でいちばん好きなセリフは「こういうのでいいんだよ」だと思うのですが、このサービス品もまさに「こういうのでいいんだよ」。いや、こういうの「が」いい!

口がさっぱりしました。最高のデザートになった。

滞在時間30分ちょい、かけこむように食べました。結局ホッピーのナカは飲みきれず、隣のおっちゃんにプレゼントです。とてもよろこんでくれて私がうれしい。

f:id:yamama48:20190516174844j:plain

お店の目の前はバス停、恵比寿や渋谷もすぐです。ごちそうさまでした!またひとりでフラッと行きたいな。

お店情報 

店舗名:もつやき ばん

住所:東京都目黒区祐天寺2-8-17

電話番号:050-5869-3577(予約はしたことがない)

営業時間:[月~金]16:00~23:00(L.O.22:15)/[土]15:00~23:00(L.O.22:15)/[日]15:00~22:00(L.O.21:15)

食べログページ:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131701/13010363/