言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

Authur:やまま (id:yamama48)
1985年生まれの銀座OLです。揚げ物・おから・喫茶アメリカンが好きです。ぐるなびさんの「みんなのごはん」でたまに記事書かせていただいています。 食に限らず体験レポート系記事作成のお問い合わせは下記アドレス宛にお願いいたします。

御年96歳!玉川祐子師匠と太福さんの「浪曲コント」を観てきました

f:id:yamama48:20181006212232j:image

こんばんは、浪曲の時間です。

下記のイベントに行ってきました。96歳で現役バリバリの曲師・玉川祐子師匠のエネルギーをいただいてまいりました。

ちなみに曲師とは、浪曲師さんと対になって三味線をひく方です。

歴史への関心が薄く、講談や浪曲はなかなか縁遠いものと思っていたのですが、玉川太福さんの「地べたの二人」という新作浪曲を聴いて以来、すっかりファンになってしまいました。さくらももこ的な「日常あるある」を節と啖呵で語るとこういう化学変化が起こるのか!という衝撃を受けます。

念願の「祐子師匠」

太福さんが最近唸ってくれるシリーズで、「浪曲界のレジェンド・御年96歳の玉川祐子師匠とのやりとり」があります。

年に一度の浪曲の大イベント、その名も「豪華浪曲大会」(本当にこの名称)が来る10月11日に開催されるのですが、そこで太福さんと祐子師匠が「浪曲コント」なるものを行うのです。

祐子師匠はとにかく太福さんが大好き。事あるごとに「ダイちゃぁん!」と勇ましい声(太福さんが真似する祐子師匠の声は、おばあちゃんぽさゼロなのです)で声をかけ、浪曲コントの練習からラブコールまで、とにかくダイちゃんダイちゃんと接してくださるのだと、太福さんは浪曲の中でおもしろおかしく語ってくれました。

それが毎回あまりにおもしろいものだから、いつか御本人のお姿を見てみたいと思っていたのです。念願かなってのイベント開催でした。

一生ワクワクしていたい

f:id:yamama48:20181006212255j:image

会場である西新宿のミュージック・テイトさん。存在は知っていましたが訪問したのははじめてのことでした。この近くにはビジュアル系バンドのCDショップが複数あり、高校生くらいのときはよく来ていたものです。そのころから伝統芸能を嗜んでいたら、私の人生はかわっていたろうか。

f:id:yamama48:20181006212317j:image

満員でした。前売り券が売り切れるほどの人気ぶりだったそうです。

レジェンド・祐子師匠は港家小そめさんの曲師をつとめ、その後トークコーナーを挟んでからの浪曲コントという流れで登壇してくださいました。

まずは三味線をひく姿が圧巻です。おばあちゃんとは思えないほどにパワフル。勢いそのままにトークコーナーに入れば、いま欲しいものは「スマホ」だとおっしゃるではないですか。

そこからおしゃべりはほぼノンストップです。

私は学校に行っていないから、テレビを観て漢字を覚えているんだ!
山手線の駅名は全部言えるんだ!
英語も読めるんだ!

読める英語の例が「Ito Yokado」というのがまた最高です。

そして太福さんのことが大好きすぎて、「この人は本当にすばらしい」「ダイちゃんがいるから毎日楽しい」と褒めちぎり、果ては「愛してます」

師匠の表情は終始きらきらしていて、力があるのです。浪曲コントのお披露目がとにかく楽しみだったようで、トークもそこそこに「コントいこうよ!」と息巻く姿も印象的でした。

最近の中でいちばんの(プラスの意味での)ショックだったかもしれません。年齢を重ねた身体という「容れ物」に年季が入っているだけで、その中身、魂はフレッシュそのもの。その証拠に、目元がきらきらしているのです。常になにかにワクワクしているように見えました。

「TVを観て、漢字を勉強している」には、シビレた!どんなことだって、取り組む姿勢ひとつでワクワクもできるし、シラケることもできるのだと教わりました。

生きる力を年齢だけで計ってはならないのです。やっつけ仕事ばかりの日々を送る身に、生きる力は宿っているのだろうか。

浪曲コント、人生で初めて観るものでした。コントというか漫才というか漫談というか浪曲というか……唯一無二の空気に心をすべて持っていかれました。太福さんのパートもすべて覚えていらっしゃるものだから、「はい、あんたの番!」などとつい言ってしまうのがすごい。

そんな祐子師匠と対峙する太福さんの姿にも癒やされました。ちょこちょこイジりつつも尊敬や愛情が滲み出ていて、祐子師匠がダイちゃんファンになる気持ちがよくわかります。人生の諸先輩方と、こうやって接することができたら!

(でも相性もありますよね、祐子師匠のような「内面が若々しい方」だからこそできるのだとも思うのです)

一生現役であり続ける祐子師匠の姿に、生きる希望をいただきました。三味線姿も、浪曲コントで流れを間違えてしまう姿も、全部魅力的でした。もし長生きさせてもらえるのなら、祐子師匠のようにパワフルでありたいです。

関連リンク