読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

婚活経験者として食事デート会場のご提案!横浜駅前のダイニング「唯一無二」【PR】

「婚活」というと、街コンだとかお見合いパーティーだとか、趣味でつながる「お料理合コン」的なやつとか、最近だと出会い系チェーン居酒屋「相席屋」なんてのもあったりして、とかく「出会い」の場面が取り沙汰されがち。

私も26~7歳くらいのころに毎週末ひとりで婚活に勤しんでいたけれど、ゴールに至るためには出会いだけじゃだめで、その後どうやって互いを知り、心を開いていくかがが大事なのだ。

婚活の想い出と、この記事でお伝えしたいこと

「出会い」は言わば就活における「エントリーシート」であり、その後面接を重ねて社長(婚活なら”親”相当)面接で合意が得られなければ、いくら出会ったところで目的は達成されんのだ!……なんて書いてみたけれど、わたし就活も婚活も「一次面接でポイ」ばっかりだったからなー……。

それはそれとして、婚活における「面接」ステージは「出会い」ステージと比較して各段にハードになる印象がある。第一関門は、「場をセッティングしてくれる第三者がいない」という点だろう。高い入会金や月会費を払う婚活サービスなどであればそのあたりも面倒見てもらえるのかもしれないけど、婚活パーティーくらいじゃ、出会いの場を提供したら最後「あとはめいめい、よろしくやってください」と送り出されるのが常である。

連絡先を交換しあったばかりの2人がデートをすることになったとして、よほどの「ビビビ」でもない限り、テンションアゲアゲで臨むことは少ないだろう。私はなかったぞ。「まあ、なくはないかな」くらいの気持ちで臨み、相手をジャッジする場。それがデートだった。何様だよって感じですが。でも男性側もそうだったと思う。デートはまさに面接なのだ。互いのことを知らないがゆえに、本当に些末なことで減点される可能性がある。就活と同じだ。身だしなみ、話を聞く姿勢、などなど。

「減点対象となる些末なこと」のひとつに「デート会場のセッティング」があった。女性(というか当時の私)というのは偉そうなもので、どんなお店を選んでくれるのか、そもそもそのお店の予約を男性がしてくれるのか、少し多めに支払ってくれるだろうか、なんてことで一喜一憂していたのである。

……前段が長くなっちゃった。婚活論を語りたいわけじゃなく、この記事で申し上げたいのは、

婚活中の殿方!横浜でお食事デートするなら、横浜駅きた西口目の前の「唯一無二(ユイツムニ)」が絶対おすすめですよ!

に尽きます。

f:id:yamama48:20170226084622j:plain

おすすめポイント1:駅前すぎる

f:id:yamama48:20170226084620j:plain

「駅前」といってもその近さにはピンからキリまであるものだが、唯一無二さんはほんとに、目の前。このくらい駅前だと、いろんなメリットがある。

まず、迷わない。駅から近いといっても、小さなお店が軒を連ねる商店街やちょっと住宅地に入ったところだと、なんだかんだでGoogleMapを開く羽目になる。そのひと手間はやっぱり面倒くさいものだ。凝った場所にあるお店のなかには、肝心のMapの表示がわかりづらくて「近くまで来ているのに一向に辿りつけない」事件が発生したりする。特に女性は東西南北がわからない、地図が読めないという性質がある。遅れてきておいて方向音痴自慢をするケースがある。

それはそれとして、こういうときはお店に電話して道案内してもらうしかなく、ああ、いま繁忙時間帯なのに悪いなあなんて要らぬ心の負荷まで背負ってしまい、どんどんとコンディションが婚活向きではなくなってしまう。テンションの低い女とのデート、しんどいぞ~。(書きながら当時を振り返り反省しています)

f:id:yamama48:20170226084621j:plain

でもこのくらい目の前だったら、迷わない。迷えない。「横浜駅のきた西口から出て、目の前です。地図、要らないです。本当に目の前のビルなんで」と伝えられる。

迷わず行けるということは、お店に行く前の待ち合わせが不要ということだ。現地集合で何ら問題ない。まだ打ち解けていない2人が駅などで待ち合わせ、お店まで移動するときの会話って、しんどいからなあ……。帰りも然りで、駅までの帰り道を共にするにあたり、デートが盛り上がって仲良くなったならよいが、「ウーン、いまいちだった」というケースもあろう。駅までの道がしんどい。でも、これだけ近ければその我慢はわずかなもの!ひとまず駅まで耐えられれば、たとえ電車の方向が一緒だったとしても「すいません、トイレ行ってから帰るので」などと適当な理由でお別れできる。

おすすめポイント2:ほどよくムーディー

f:id:yamama48:20170226084633j:plain

「唯一無二」が入居するビルにお手頃価格の居酒屋さんなども入居しているものの、5階に着いたらこの空間。暗めの照明に、厨房を囲むL字型のカウンター席。写りこんでいないがもちろんテーブル席もある。(ちなみに奥の方には、4名以上のグループにちょうどよいサイズの個室あり)

ムーディーなお店のなかには個室や半個室をウリにしているところもあるが、初対面に毛が生えた程度の付き合いの異性との食事だ。私は抵抗感があった。その点、唯一無二さんのおしゃれでいて開けた空間はジャストミートである。

メニュー表の雰囲気もまた、ちょうどいい。

f:id:yamama48:20170226084634j:plain

おしゃれな雰囲気とは裏腹に、居酒屋感のある手書きメニューがいい味を出している。このあと綴るお料理についても言えることだが、全体的に「キメすぎていない」のだ。”星野源”的ってこと?いや、持ち出す話題をまちがえました。本題に戻りましょう。

おすすめポイント3:全奢りでも許容範囲!?なコスパの良さ

おしゃれなお店のなかには、「この価格の大半は”雰囲気代”だな……」と思わせるような、慎ましいお料理が提供されるところも。それでいてやたら皿がデカかったりすると、皿鑑賞してるんだかごはん食べてるんだかわからなくなるぞ。それは言いすぎ、そんなことはないんですが、この前置きをしたうえで、唯一無二さんのお料理をご覧いただきましょう。

f:id:yamama48:20170226084627j:plain

刺身5点盛り、1,580円。

f:id:yamama48:20170226084626j:plain

マグロなんてこんなに分厚い。この日は4人で訪問したものの、その人数でも満足のボリュームでした。器は凝りすぎずシンプルに、一方ツマはしっかりと。大根もシソもみずみずしかった!

f:id:yamama48:20170226084628j:plain

名物だという「10時間煮込んだやわらか牛タン」(880円)は、箸でそっとつつけばお肉がホロリ。ソースは甘め、男の子の好きなお味ではないでしょうか。ハヤシライスやオムライスが好きなら間違いない。このソースがおいしいものだから、全部食べつくしたいものだから……

f:id:yamama48:20170226084638j:plain

すいません、シャキシャキと新鮮だった「刺身のツマ」、使わせていただきました。こいつで器を拭うのよォォ!婚活デートでやると大敗を喫するので真似なさいませぬよう。ガーリックトースト(300円)なんかもありますのでね(デートじゃなくてもたぶんやめたほうがいい、けど、おいしかった……)。

いろいろいただいたなかで、おかわりしたいくらい気に入ってしまったのが「肉付ナンコツのから揚げ」(530円)

f:id:yamama48:20170226084630j:plain

「肉付きナンコツ」という響きの珍しさ、ジューシーな肉感とゴリッとしたナンコツ食感のおもしろさ、そしてどこかジャンクフードを思わせる、ビールが欲しくなる絶妙な味付け。それでいて盛りにボリュームがあるので食べごたえ満点。「とりあえずビール」な序盤に絶対おすすめ。

f:id:yamama48:20170226084631j:plain

そんなビールはアサヒスーパードライが採用されており、中ジョッキ500円と、デート仕様のお店ながら比較的リーズナブルなのがありがたい。

さて、ムーディーな店内とおいしい料理で盛り上がったら何よりだが、マンツーマンでの会話というのは苦しくなりがち。そんなときは救世主「炙りシメサバ」(700円)を召喚しよう。

f:id:yamama48:20170226084623j:plain

これを、目の前でバーナーで炙ってもらうことができる。無言だった女性も「わー、すごい!」くらいは言うだろう。インスタグラマーだったりすると、スマホ撮影でわいわいするやもしれぬ。

f:id:yamama48:20170226084624j:plain

もえろよもえろ、(恋の)炎もえろ……そんな願いも込めて、ぜひ。

f:id:yamama48:20170226084625j:plain

炙りたてのシメサバの脂って、最高のおつまみだよなあ。

女性もお酒がいけるようなら、日本酒もどうぞ。

f:id:yamama48:20170226084629j:plain

かぐや姫気分でいただけます。

”シメ”サバで思い出したけれど、食事デートの締めくくりにも一役買ってくれそうなメニューが。

f:id:yamama48:20170226084635j:plain

その名も

f:id:yamama48:20170226084636j:plain

デザート天国(1,280円)。

まずネーミングから拍手したい。面接終盤となれば互いに疲弊していることでしょう。会を終えたくなっているころあいでしょう。「そろそろ帰りますかね」の合図がてら「デザートでも食べます?」と言ってみませんか。

おしゃれなデザートが並ぶなかで、これ。学園天国、おさかな天国ときてデザート天国!天国シリーズの歴史はいまも横浜で息づいているのだ……!

女性も「天国ってすごい(笑)」くらいの反応は示してくれるに違いない。この「(笑)」部分の表情次第で、次のデートを申し込むか否かをジャッジしてみてもよいでしょう。

そして降臨するのがこちら。

f:id:yamama48:20170226084632j:plain

なんたるヘヴン感!

これこそまさにデザート天国、名前負けしていないぞデザート天国!
スイーツのうえに描かれた飴細工の放物線は!
次回デートへの!架け橋だァァァ~~~!

栄光の架橋

栄光の架橋

 

おわりに

駅前すぎて、ほどよくムーディーで、それでいて雰囲気コミコミでコスパ良好。婚活中の男性のみなさん、横浜の「唯一無二(ユイツムニ)」を「デート用お店リスト」に追加しておけば、いつかどこかでお役に立つと思います。グッドラック!

「唯一無二 ユイツムニ」
神奈川県横浜市西区南幸1-2-1 横浜銀長ビル5F
050-5816-2846
月~金、祝前日: 17:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:00 ドリンクL.O. 翌0:00)
土: 16:00~翌1:00 (料理L.O. 翌0:00 ドリンクL.O. 翌0:00)
日、祝日: 16:00~23:30 (料理L.O. 22:30 ドリンクL.O. 22:30)

詳細確認やご予約はこちらからどうぞ。
↓↓↓

唯一無二(ユイツムニ)

 

※今回はお店からのご招待でいろいろと試食させていただきました。ごちそうさまでした!ほかにもたくさん、いろんなお料理をいただいてどれもおいしかったので、それはまた別途まとめます(そろそろ食べログデビューしようかなあと思案中)