言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

福岡でひとりもつ鍋するなら断然ウエスト!300円だなんて信じられない

福岡でうろうろしていれば、徒歩移動だろうと車移動だろうと必ず見つけ出してしまうチェーン店「ウエスト」。24時間営業でうどんが食べられるなんて最高だなあ。

お昼は純粋に「うどん屋さん」 

人生初ウエストは昼の部の訪問だった。かけうどん280円。湯だめうどん390円って何だ。天ぷらもついているうどん定食750円にも惹かれるぞ。しかし私はビギナー……ここはひとつ「ごぼてん」と発声してみたい、という理由でごぼう天うどん(390円・写真手前)をオーダーした。

見よ、広々としたテーブルの片隅を。ねぎ&天かす入れ放題ブースの気取らない感じ、これが福岡の日常。

博多うどんは舌で切れるほど柔らかいと聞くが、そんなことはない。柔らかさのなかにコシがある。唇や舌と接するときはフンワリ、でも咀嚼するときは食べごたえを感じさせてくれる。ほんわかしているのに芯がある、そんな女性と結婚したい。

17時から居酒屋に!300円のもつ鍋は1人前から注文可

夜の帳が下りるころ、ウエストは昼とは異なる表情を魅せる。

居酒屋メニューが主となるのだ。黒霧島ロック、350円。わかめの酢の物や塩キャベツなどは200円だったかな。安い。

しかし最大の目玉はもつ鍋である。店頭ののぼり旗、入口のポスターなどなど、訪れたのが冬だからというのもあるかもしれないが、そのアピールぶりたるや、頼まないわけにはいかないという気持ちになる。

驚くべきはその価格が1人前300円であり、1人前から注文を受けてくれるという気前の良さ。ちなみに写真は2人前。

もつ、野菜、揚げ豆腐がデフォルトのセットだが、これらをオプションで増量することもできるし、うどんや、おじやセットもある。きっと酔っぱらったオッサンがシメに「”おやじ”セットひとつ!はは、俺たちのことか!」とか、しょーもないことを言うのだ。とてもいい。オプションメニューもいずれも200~300円とお手頃価格。

どれだけショボイもつ鍋なのだろうかと思っていたら、ご覧の通りデフォルト仕様でも具がどっさりで、この通り、もつのサイズも大きめ。ウエストならではのポイントは、スープがうどんのお出汁で仕上げられているということだった。

年末年始の寒い時期だったこともあり、アツアツのもつ鍋は大変においしかった。やたらと凝っていない、いわば「ファミレス鍋」の雰囲気がむしろ好ましい。ウエストビギナーの私のことも、まるで旧知の仲であったかのようにカラッと受け入れてくれる、このムード。

正真正銘、1人前300円。サイゼリヤ飲みが大人気の昨今であるが、やっぱりビールと鍋がいい。私はウエスト飲みを推したい。

おわりに…東京でも「ウエスト飲み」したい!

ところで、メニューにこんな表記が。

「うどん店ではクレジットカード支払いが出来ません。」

何をばかなことを言っているんだ、新手のなぞなぞか?と首をかしげていたら、ウエストには焼肉店もあるのだということを教わった。なるほど、なるほど。もつ鍋ができるのも、焼肉店を営んでいるからなのかな。

f:id:yamama48:20180205091228p:plain

ホームページを拝見してみれば、その業態はそば、ステーキ、中華など多岐にわたっていることがわかった。なんとカフェまで営業されているようで、気になってクリックしてみたら、「焼かき小屋OPEN」という威勢のいい画像が表示された。いい、ウエスト、とてもいい。好き。

f:id:yamama48:20180205091346j:plain

ブラウザに表示されるアイコンひとつとっても、愛おしくてならない。近所にウエスト(うどん店)があったら生きていけると思う。東京でも「ウエスト飲み」がしたいなあ、と思ったのだけれど、それではもはやイーストだ。

WEST | お客様に喜びと感動を – ウエスト