言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

家族を起こしたくない早起きさんに!無音・振動で目が覚めるタニタの「バイブレーションタイマー」が安くて使える

f:id:yamama48:20170822062621j:plain

5時半までには起きてトイレに行き、顔を洗ってコーヒーを入れたらすぐにパソコンに向かっている。以前はすべての支度を済ませてから会社の近くのカフェにこもっていたが、毎日の更新作業を繰り返すうちに「カフェじゃなくても集中できる」「朝、起き抜けの集中力が優れている」ことが”体感”できたのだ。

私のブログ毎日更新方法(2017年7月30日版) - 言いたいことやまやまですより 

こんなことを偉そうに書いてたが、実は私、ルームシェアをしている身である。同居人に多大なる負荷をかけていることに無自覚であった。5時半起きなんて何ひとつ偉くなく、ひとりよがりでしかない……生活リズムは人それぞれだ。

いかにして同居人に迷惑をかけずに5時半起きのルーチンをこなすか。

その最大のハードルは「ひとつの寝室のなかで、でいかにして目覚ましをかけるか」だろう。

以前は腕に巻く活動量計を使っており、それが振動で目を覚まさせてくれたのだが先日破損してしまった。さて、どうする。

yamama48.hatenablog.com

 

タニタのタイマーを目覚ましとして使う

どうにかして、音を立てずに起床時間を知らせてもらえないか……

Amazonで振動型目覚まし時計を探し、巡り合えたのがタニタ バイブレーションタイマー 24時間計 クイック ホワイト TD-370N-WHだった。

本来2,160円だそうだが、8月上旬時点で1,200円ほど。

f:id:yamama48:20170822062621j:plain

f:id:yamama48:20170822062613j:plain

時計表示はできるが目覚まし機能はなく、タイマー機能を目覚まし代わりに使っている。「6時間10分」などと設定して眠るのだが、なかなか元気に震えてくれて頼もしい。

ではこの震える時計をどこに置けばよいか?

他商品も含めAmazonのレビューを見ていると、「枕の下」などが多い様子。でも、枕を挟むと振動効果が薄れるのでは?

f:id:yamama48:20170822062604j:plain

この商品にはご覧のとおり、ストラップがついている。

私はこれを寝間着のズボンのゴム部分に挟み、タイマーをズボンのなかにINして眠ることにした。

ともすればなかなか刺激的な朝になろうものだが、あいにく(?)ストラップはそれほど長いわけではないので、お腹まわりでブルブルされて目が覚める、という朝を迎えている。結構、強力に震えます。まだ半月ほどだが、目覚めなかった朝はない。

キッチンタイマーとしても便利

手のひらサイズでコンパクトなので、どんなところにでも持っていけるのがいい。会社の昼休み中、5分くらい眠りたいというときにも便利だろう。電車のなかで座れたときとか。

原点回帰でキッチンタイマーとしての利用も非常におすすめ。複数の料理を進めていると、火を止めるべきタイミングで止めるのを失念する事象に遭遇することはないだろうか。私は料理はしないので、ゆで卵のゆで時間くらいしか気にしませんが。

いずれにしても、希望の時間をタイマーでセットしてポッケに入れておけば安心。宅急便の受取や別室に行っている際にも、震えてくれれば間違いなくキッチンに戻ることができる。ゆで卵も、コンロの前に張りついていなくていいんです!

電池がついていてすぐ使えるのもありがたい。おすすめです。

 

生活リズムのギャップを埋めたい

でも、まだまだ同居人の安眠を阻害してしまっているので、引き続き工夫中。

私の方が先に眠ることになるので、アイマスク&耳栓を使ってみたり、

yamama48.hatenablog.com

ひとたび目覚めたら、残るすべての作業を洗面所で行ってみたり(暑くて断念)、

「目覚ましが鳴らなくても、同室でごそごそされたら目が覚める」 という根本的な悩みに辿り着いて、別室でヨガマットで眠ってみたり、

yamama48.hatenablog.com

いろいろ挑戦はしてみているものの、小さな居住空間ゆえ、結局のところ起こしてしまうわけで……。

根本中の根本である、「就寝&起床時間を同居人に揃える」ことを視野に入れていかねばならなそう。でも朝がいちばん作業が捗るし、出勤時間のこともあるから5時半起床は譲りづらい……!

5時半起床で組んでいたルーチンがかなり気に入っていたのだけれど、その流れに沿うと序盤で洗濯機を回したり、コーヒーを入れたり……いくら別室でも、気になるもよう。自分がどこでもガーガー眠れるタイプなので、配慮が足りな過ぎたことを反省。「相手の立場になって考える」がいまだにできない32歳です。

5時半起きは確保するにしても、ルーチンの順番は大幅な入れ替えが必要。起きたらすぐ、ブログ執筆にとりかかるという流れに変えてみようかと思うのだが、作業のお供にホットコーヒーが欲しいんだよなあ(わがまま!)

いろいろ書きましたが、タニタのタイマーはおすすめです。