読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

28日(日)まで!デス・スターを知らない私が「スター・ウォーズ展」に行ってきた

 

今年12月に新作「エピソード7/フォースの覚醒」の公開が予定されている「スター・ウォーズ」。
4月29日~6月28日、六本木ヒルズで行われている企画展「スター・ウォーズ展 未来へつづく、創造のビジョン。」もまた、初日には6時間待ちだったという大盛況ぶりである。

 

roppongi.keizai.biz

 

中学1年生のころ、「エピソード1/ファントム・メナス」が公開された。
友人と観に行った記憶があるが、「おもしろかった」以上でも以下でもなく、それきり。

私の30年の人生と「スター・ウォーズ」の接点はごくわずかだ。

 

今、再び盛り上がっている「スター・ウォーズ」のニュースを目にするたび、同シリーズに影響を受けたという方々の姿が、なんだか羨ましくなる。

聞けば、超大作だというではないか。

なぜそれほどの作品が、私にとっては「過ぎ去った風景」にとどまってしまっているのか!
「我が人生、スター・ウォーズから受けた影響計り知れず」的なことを言いたい!

我が感性、疑うべし!


・・・エピソード7公開のタイミングこそ、チャンス。今からでも遅すぎることはない。
エピソード1~6を鑑賞するのは絶対として、まもなく終了してしまう企画展に足を運ばないわけにいかない!
ということで、準備運動的に会期終了間際の「スター・ウォーズ展」に行くことにしたのだ。

 

 

■どんな展示?

 

ジョージ・ルーカス氏が世界中から選りすぐったアーティストに依頼し、「スター・ウォーズ」からインスピレーションを得て、描いたアート作品を展示。

SF作品のビジュアル・デザインの第一人者シド・ミード、ファイナルファンタジーシリーズのキャラクターデザインを手がけた天野喜孝など様々なアーティストが手掛けた世界初公開の約60点のアート作品を始め、シリーズ6作品の映画制作で実際に使用されたルーカス・ミュージアム・オブ・ナラティブ・アート所蔵のコンセプトアートや衣装、小道具など約100点が展示されます。

(以上、会場で配布されていた資料より一部抜粋・要約)

 

 

開場時間の10時に行ったところ、すでに90分待ちという事態になっていた。
アート中心の大人な企画展なのだが、同じ会場で「ナルト展」が開催されていることもあってか、日曜朝の六本木ヒルズにはお子さんがいっぱい。
お父さんに着させられていると思しきR2-D2Tシャツがまぶしい!

 

朝っぱらから行列に並ばなきゃいけないなんて、実にうんざりだ。

いや、ここでイラッとしたらダークサイドに堕ちる・・・!

なけなしのスター・ウォーズ知識とともに渋々最後尾へ。

 

しかし待機列はほとんど屋内ということもあり、ちょっとした飲食料があれば、それほど苦痛なく過ごすことができた。
すれちがい通信(ニンテンドーDS)があればなお快適と推測する。

 

会場につくと、上空に浮かぶデス・スター、窓一面に並ぶストーム・トルーパー、そしてダース・ベイダーに出迎えられる。(いずれも動かないが)

ベイダー卿は当然ながら記念撮影スポット化しており、有料の撮影サービスまで展開されていた。

うおお!とファンの心がときめくスペースなのだが、デス・スターも知らない私は・・・

 

 

 

興奮した。

 

ストーム・トルーパーの名も知らず、「スター・ウォーズの白いやつ」としか認識していなかったのに、だ。
ダース・ベイダーだって、「例の音楽が流れるなかシュコシュコ言っていて、実は主人公の親父さんの人」程度の情報しかない。
それでもボルテージが上がるのだ。なにしろ、問答無用でかっこいい!

 

 

■展示内容

 

会場は6つの展示エリアと、最後の物販スペースで構成されている。

 

1)スター・ウォーズの原点
ジョージ・ルーカス氏の構想の原点としての、黒澤明監督作品「隠し砦の三悪人」やアメコミ「フラッシュ・ゴードン」の展示

 

2)フォースの光と闇
映画で実際に使用されたライトセーバーと、フォースをテーマにしたアート作品の展示

 

3)戦いと兵器
各エピソードの要となる戦の映像と、そこで使われた兵器・武器の模型を展示

 

4)サーガと運命の肖像
登場人物の紹介とともに、衣装や小道具、各キャラクターをテーマにしたアート作品の展示

 

5)銀河と生態系
「スター・ウォーズ」に登場する奇妙な生き物たちのフィギュアやコスチュームなどの展示。
炭素冷凍されたハン・ソロ、ジャバ・ザ・ハット、イウォークに会える!(撮影不可なのが残念)

 

6)ドロイドが見たサーガ
C-3POとR2-D2のアートと、彼らの視点でまとめられたエピソード1~6の振り返り映像の公開

 

7)物販
かっこいいけどすごく高い

 

 

・・・というのがざっくりとした全容である。
無謀にも「デス・スターって何?」という知識レベルで臨んでしまったのだが、それでも、ずらりと並ぶライトセーバーにはドキドキ!
どなたか存じ上げないながらも、ドゥークーという殿方のひん曲がった愛機にはシビれた。


そして各エピソードの戦いがまとめられた「戦いと兵器」ゾーンには、「やっぱりスター・ウォーズを観なければ!」とワクワクさせられる。
まさかデス・スターは2つ目もあっただなんて!帝国軍って一途なのな!

 

 

■誰のための展示だったんだろう

 

しかし、だ。
すべてを観終えた感想は「これで1,800円って高くない?」に尽きる。


アート作品中心の展示かと思いきやそうでもなく、エピソード1~6のストーリー紹介、人物紹介、フォースとは?のような「ご紹介パネル」がモリモリと掲げられている。
最後のドロイドゾーンでの映像も「名シーン集」にすぎず、新しさに欠ける。


私のようなビギナーにはありがたいが、ファンの方々にとっては、いずれも常識中の常識。
お金を払ってわざわざ見たいものでもないだろう。
ビギナーに向けた「レビュー」的な展示なのか、ファンに向けた新たな切り口の展示なのか、どっちつかずだ。

 

誰もが興奮させられるはずの衣装展示や等身大(と思しき)イウォーク人形なども、ただそこに置かれているにだけ、という印象だ。

その展示に至るまでの演出力が乏しい。

昨年の冬に訪れた『進撃の巨人展』の展示演出力に感動したことも影響しているかもしれない。

 

yamama48.hatenablog.com

 

 

スター・ウォーズのことを何も知らない私に、そんなことを言う資格はないのかもしれない。
しかし、制作者の「愛」を感じることができなかったのだ。
スター・ウォーズが好きな人たちが企画した展示、ではなく、「フォースの覚醒」ヒットに向けたプロモーションステップのひとつ。
企画展をやることは決まっちゃっていたけれど、時間が無かったのでエイ、ヤア!で組み立てました!感。

 

会場限定品が欲しいという理由でもない限り、1800円の入場料、そして長い待ち時間をかけて観に行くものではない、というのが正直な感想だ。

 

ただ、天野喜孝さんが描いたダース・ベイダーの作品は最高にかっこよく、あの絵を鑑賞できたことはとても幸せだった。
欧米のアーティストによるアート作品がほとんどだったこともあってか、天野さんが描いた、シンプルでいて、こちらが切なくなるような寂寥感をまとったベイダー卿の姿は、ひときわ目立って見えた。

 

そんな感想を抱いた「スター・ウォーズ展」。
観に行くか否か、ご検討ください。会期は28日(日)まで!

 

 

企画展の帰り道、勢いでTSUTAYAに行き、DVDをレンタル。
家でいざ再生してみれば、あのお馴染みのオープニング・クロールの日本語字幕にははっきりと「エピソード6」と・・・。

 

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還 リミテッド・エディション [DVD]

 

 


最初からクライマックス! \(^o^)/オワタ

 

ローマ数字わかりにくいんだよォォォ!
WHY ROMAN PEOPLE!?

 

WHY JAPANESE PEOPLE!? [DVD]

WHY JAPANESE PEOPLE!? [DVD]

 

 

ハン・ソロとレイア姫のキッスから、私のスター・ウォーズは始まります。

 

www.roppongihills.com