言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

【食メモ】とろさば料理専門店「SABAR」にやっと行けたけれど不完全燃焼なので早く再訪したい

f:id:yamama48:20170630210723j:plain

竜宮城、ならぬ”鯖”宮城に行ってきた。

f:id:yamama48:20170630210721j:plain

地下鉄大門駅A5出口からすぐ、GEMSという飲食店ビルのなかの一角が鯖宮城、じゃなくて、とろさば料理専門店のSABAR 東京GEMS大門店

2014年に1号店オープン、以来「鯖専門」という好奇心をくすぐられるコンセプトのもと快進撃を続けており、現在では海外店舗を含めて10店舗以上。各店舗の内装にもテーマ性があり、おもしろい。

※店舗一覧:【公式】SABAR(サバー)|とろさば料理専門店 SABAR(サバー)

f:id:yamama48:20170630210725j:plain

大門店は、鯖宮城。
浦島太郎風の衣装は青魚の光を浴び、図らずも肝試し風。いやいや、門をくぐればパラダイスです、大丈夫。

f:id:yamama48:20170630210726j:plain

ランチョンマットは「SABATIMES」。複数種ある様子だった。もらって帰ってくればよかったな。きちんと読み損ねてしまった。

1杯目のドリンクをオーダーすると、

f:id:yamama48:20170630210727j:plain

「おつかれサバです!」という店員さんの声とともにこのジョッキ。

疲労困憊でお店に着いてしまったこともあり、ごくあたりまえに「おつかれさまです」と言われているんだと思ってスルーしてしまった。隣の席の人にジョッキが持参されたタイミングで、スタッフさん自ら「おつかれサバ」と発声していることに気付く。後悔が募ったので、無駄に大きな声で「おーつかーれサーバでーす!」と言いながら乾杯した。己のカラ元気は体内に残る元気を全部持って行ってしまった。サバよ、私に力を。

f:id:yamama48:20170630210728j:plain

幹事さんにすべてお任せしてしまったので、メニュー名や料金などは不明。1品目はサバのお造り、シメサバ、サバの燻製、サバの漬けの盛合せ。ひときれが分厚いので濃厚な味がしっかり楽しめる。

f:id:yamama48:20170630210729j:plain

撮影タイミングを逸して半身失われているが、たいそう立派なとろさばの塩焼だった。頭も尻尾も全部食べた。サバ脂とともにいただく焼き野菜のおいしさよ。

f:id:yamama48:20170630210731j:plain

サバフリット。こういうフィッシュアンドチップスがあってもいいな。

このあと〆のごはんが出てくる予定だったのだけれど、時間の都合がつかずお先に失礼することに。どんなだったんだろうなあ。

どのお料理もサバの大きさが豪快で「いま、サバ、堪能してる!」を強く実感できるのがいい。他のメニューもきっと、テーブルにやって来るたびにみんなが「わあ!」と歓喜の声をあげるような仕上がりなのだろう。改めて来店したい。

f:id:yamama48:20170630210730j:plain

スタッフさんのTシャツがまた、かわいい。全体的に「いま勢いがあるお店とは、こういうことなのだな」と思わせる活気に満ち溢れていた。

正直なところこの「人気店の活気」が醸し出すオーラはあまり得意ではない。かつて自分がクラスの2~3軍に属しており、1軍のキラキラとした同級生たちに憧れ、卑屈になっていた日々を思い出すからだ。が、SABARさんのサバ料理は旨かった。これ以上に「また来店したい」と思う理由が必要だろうか。

f:id:yamama48:20170630210724j:plain

次回は心ゆくまでサバ料理に浸りたい。

サバンサタバサ!(再訪の誓い)

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大門駅浜松町駅御成門駅