言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

西新宿のタイ料理店「サバイサバイ」は480円・580円・680円の価格設定が良心的すぎる

こういう写真が撮りたかった!!!

高校の同級生たちとウン年ぶりに再会。私がタイ旅行を満喫しすぎてタイが恋しくなってしまっていたもので、西新宿のタイ料理店「サバイサバイ」へ。

料理価格は480円/580円/680円の3通りのみ 

最初の1杯のつまみに「ミアンガイ(ハーブ入り鶏肉サラダ)」。通常4Pで580円だが、5名だったので1P加えてもらった。辛味はないがスパイスが効いていて、ナッツのような香ばしさも。中央にはキャベツの千切りが盛られていたので、それに魚醤をかけていただく。魚醤はいい仕事をする。

魚醤は唐辛子入りのタイプもあり、他にもお酢と粉唐辛子が置かれていた。

春雨サラダのヤムウンセン(480円)は、タイで食べたものが大変辛かったのでビビっていたが、日本人仕様のややマイルドな味付け。意外にも春雨がホカホカであった。アミがいっぱい入っていていい香り。

空芯菜炒めは680円。食べ忘れていた。

ソフトシェルクラブの黒胡椒炒めはタイ語で「プニムパップリクタイダム」というそうだ。何が何やら。680円。黒胡椒がかなり効いていて、ものすごくうまい。おかわりすればよかった。

黒胡椒のパンチ力が強いので、もち米・カオニャオ(400円)と一緒に食べることで口をマイルドに。もちろん右手でいただきました。

ソフトシェルクラブといえば、忘れちゃいけないプーパッポンカリー(680円)。スクランブルエッグかと思うくらい、卵に存在感があってうれしい。甘みは控え目だった。プーパッポン汁もカオニャオとの相性は抜群だ。

豚トロ焼きのコームーヤーン(680円)が旨かった!まろやかな豚の脂とキャベツの千切りの相性に感服。ちょっと甘いタレが独特だった。

あと少し、春巻きなどを少しつまんでそれぞれにお酒を1~2杯飲んで、合計金額12,000円ほど。1人2,500円足らずとはどういうことか!

お酒の価格も良心的で、スーパードライの中生ジョッキが380円。駅から少し離れているにもかかわらず、土曜日の18時にはほぼ満席状態だった。おいしいしくつろげるし安いとあらば当然だろう。ごちそうさまでした。

サバイサバイ

東京都新宿区西新宿7-19-18 セードル新宿ハイツ104A
TEL 03-3368-0855
※公式サイト:西新宿★サバイサバイ・タイ料理★