読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

明るい時間にみなと酒!この冬限定、横浜・新山下「かき小屋TYCOON」の魅力は牡蠣だけじゃない【PR】

11月3日に横浜は新山下にオープンした「ひろしま元祖 ミルキー鉄男のかき小屋 by TYCOON」さん。

なんとマスコミ試食会にご招待いただいてしまった。
このブログ、マスなコミュニケーションどころか独り言しか吐いてきていないけれど、いいのかなあ・・・罪悪感を携えつつ、みなとみらい線で会場へと向かったのだった。

f:id:yamama48:20151212094907j:plain
※首都高の下をひたすら歩く

元町・中華街駅から20分くらい歩くと突如出現

f:id:yamama48:20151212094910j:plain

TYCOONさんは、1989年に倉庫を改装して生まれた横浜最大級のレストラン。
実は今年5月、惜しまれつつ閉店してしまったのだ。

その跡地に誕生したのが、今回伺った「かき小屋」さん(4月3日までの期間限定)。
駐車場もあるため車で行くとスムーズだが、「訳あり」ゴールド免許保有者ゆえ、今回は電車&徒歩で。

f:id:yamama48:20151212094912j:plain
300席あるという広い店内にびっくり。

f:id:yamama48:20151212094909j:plain
この席なんて、ブランコみたいに動いちゃうんだから。
さぞや落ち着かない食卓だろう。
(バブル時代の遊び心というのは、どうしてこうも愛らしいのだろう・・・)

歴史を感じる小粋で広大な店内をくぐり抜けたテラス席が、今回の会場。

f:id:yamama48:20151212094943j:plain
屋外の席では炭火で、

f:id:yamama48:20151212094916j:plain
屋内の席ではカセットコンロで、それぞれ焼き物を楽しむことができる。

晴天だったので、屋外へ!
炭火で足元がぽかぽかしているし、風よけもばっちり。
よほどの強風でなければ温かく楽しめそうだ。

とりあえず牡蠣

f:id:yamama48:20151212094915j:plain

とりあえずビール、より先に頼んでしまった焼き牡蠣。
1盛り分で約10~12個、1,500円である。

なんといっても広島産!
仕事帰りに深夜のスーパーで買う、3割引のステッカーが貼られた「加熱用」と書かれたパックに入った牡蠣も好きだけれど、比ではないおいしさなんだろうなあ。

f:id:yamama48:20151212094919j:plain
平らなほうを網の上に乗せ、

f:id:yamama48:20151212094921j:plain
フタをして2~3分。
ときどき破裂音が響いていたので、己の身を守るためにも、フタは大切。

ひっくり返して再びフタして2~3分待てば、食べごろ!

f:id:yamama48:20151212094925j:plain

席には醤油、ポン酢、唐辛子にタバスコ、いろいろな調味料が用意されているが、やはりこのまま食らいつくのが正解だろう。

f:id:yamama48:20151212094926j:plain

牡蠣も、殻に残っている汁も、やさしい海の味がした。旨みぎっしり。

青空、横浜港、ハイボール、牡蠣。
掛け算が生み出す幸福度、無限大。
いまなら、ブータン人にも自信満々で「アイアムハッピー」と言える。
はー、うまいなァ。

酔っ払いそうなのでやめておいたけれど、熱燗と牡蠣っていうのも、いいな・・・。

ちなみにドリンクメニューもいろいろ。
生中500円、ハイボールはウイスキーによって400円~700円。

f:id:yamama48:20151212094913j:plain

f:id:yamama48:20151212094914j:plain
※地酒にはこんな別メニューもあったが、焼酎は見当たらず

席でオーダーして、セルフでドリンクカウンターに取りに行くという独特なシステムなのでご注意を。
着席した席番号を覚えておくと、カウンターでの引き換え時に便利。

ちなみにお冷もセルフ式だが、「レモン水」なのが地味にうれしい。
自販機もあり、350ml缶だとプレミアムビールが450円、通常のビールが400円だった。

f:id:yamama48:20151212094941j:plain

発表!牡蠣以外でベスト3

かき小屋で牡蠣がウマイなんて当たり前だろ!というお声もあろう。
そこで、行くからにはぜひ召し上がってほしい、焼き牡蠣以外のメニューベスト3をご覧いただきたい。

第3位 焼きカマンベール(700円)

f:id:yamama48:20151212094936j:plain

なんということはない、純粋にストレートにカマンベールチーズ。
しかし、炭火焼という調理法、横浜港という環境と掛け合わされば、そのうまみはプライスレスなのだ。
家でカマンベールチーズを焼いてみようか、などと一瞬思ったけれど、絶対にこのおいしさには敵わない。

しばらく網の上に置いておいて、ほどよいところでひっくり返せば、

f:id:yamama48:20151212094938j:plain

ほうれ見ろ。真ん中がグジュグジュ、フツフツと煮えている。
バケットにつけて食べたらもう、松岡修造でなくとも海に「食いしん坊万歳!」と叫びたくなるだろう。

口に出すのは憚られたので、ハートで叫んだ。
そんなことじゃ、修造チャレンジ失格だよな・・・。

第2位 牡蠣のアヒージョ バゲット付(800円)

f:id:yamama48:20151212094939j:plain

牡蠣としめじがたっぷり入ったオリーブオイル。
これをじっくりじっくり網の上で熟成させれば、おいしいアヒージョのできあがり。

・・・なのだが、それだけでは飽き足らず

f:id:yamama48:20151212094940j:plain

野菜焼セット(600円)の中に入っていたピーマンやニンジン、しいたけを投入し、最終兵器ベーコン(600円)でさらに豪華に!

牡蠣にきのこにベーコンの旨みが染みだしたオイルを、バケットに浸してみてほしい。
ああ、海も山もありがとう。

かき小屋のアヒージョオイルは「育てるもの」なのだ。

第1位 特製牡蠣のクラムチャウダー(1,200円)

f:id:yamama48:20151212094908j:plain

食パン好きの私が審査員である以上、この見た目だけでぶっちぎり1位。

KFCのチキンポットパイで喜んでいる場合じゃない!
新山下に来れば、クラムチャウダー入りの食パンが食べられるのだ!

網の上で軽くあたためながらいただく。
あらかじめトーストされているパンをちぎり、スープに浸して口に放り込めば、そこに広がるのはサクジュワッ、の幸せ。

f:id:yamama48:20151212094930j:plain

f:id:yamama48:20151212094934j:plain
※気分は「ウォール・食パンを破壊する女型の巨人」

幸せ温存と言わんばかりにチビチビ食べていると、底が丸焦げになってしまう。
それなりにダイナミックに食らいつこう。

f:id:yamama48:20151212094935j:plain
かなしい。

ほかにもいろいろ!

ご覧のとおり、牡蠣以外にもおいしい料理・食材がたくさん。
日替わりの魚介類も充実!

f:id:yamama48:20151212094922j:plain
こんな風に、おすすめ魚介類セットを持って、席を巡ってきてくれる。
その場で欲しい食材を伝えればOK。

この日はたまたま、漁師さんがキスを持ってきてくれた。ラッキーだ。

f:id:yamama48:20151212094932j:plain

f:id:yamama48:20151212094933j:plain

海鮮だけでなく、お肉もある。

f:id:yamama48:20151212094931j:plain
※チキン、焦げちゃったけれど・・・

各テーブルに備え付けられた「燻製タバスコ」をかけると、炭火で焼いたお肉と燻製のいい香りがまじわって、ごちそうに。

f:id:yamama48:20151212094924j:plain

そしてシメには牡蠣飯(350円)がぴったり。

f:id:yamama48:20151212094942j:plain

奥野さんも恍惚の表情になるほど、おいしかった。
味はもちろんだけど、お米の固さがとりわけ素晴らしかった!
ぱらっとしていて、牡蠣のエキスに存在感を明け渡していないのだ。かっこいい。

牡蠣以上に「みなと酒」が堪能できる

都内近郊にいれば、正直なところ、新山下まで来ずともおいしい牡蠣を楽しめるお店はあるだろう。
でも、ここまで来なければ味わえないものがある。

f:id:yamama48:20151212094917j:plain

横浜港を臨みながらの「みなと酒」だ。

できれば明るいうちに訪れてほしい。
スカッと青い冬の空と、アツアツの牡蠣の相性は抜群。
「明るいうちから飲んでいる」という薄い背徳感が、いいスパイスになる。
澄んだ空が徐々に暗くなっていくさまも、格別。
日の短い冬ならではの楽しみだろう。

f:id:yamama48:20151212094937j:plain

そんなことを書くとロマンチックな場所のようにも思えるが、ここは「かきテラス」ではなく「かき小屋」
にぎやかな雰囲気がいい。
2人きりのデートではなく、4~5人の仲間で来るのがぴったりだと思う。
ひとつの網を囲み、ひとつの話題で盛り上がり、ピリッとした冬の空気のなかであたたまる。
ここにいる間だけは、嫌なことを忘れられるに違いない。

4月までに、また来たいな。
今度は焦がさずにクラムチャウダーを平らげたい。

ごちそうさまでした!

※お店情報

www.hiroshima-oyster.com


※10月スタートのTV番組でいちばん好きなのは、こちらです

natalie.mu