読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

おいしすぎるので、おからパウダーに「山形のだし」を混ぜてください

食べ物 食べ物‐おから

りこぴんさんの「粉豆腐」の記事を拝読しました。

www.hanabiagaru.net

私も高野豆腐、豆腐、おからパウダーと様々な大豆と戯れてまいりましたが、粉豆腐は初見でした。レシピもいろいろ、健康にも良さそうでとても気になります。

yamama48.hatenablog.com

 

粉豆腐に興味津々なのですが、高野豆腐を削るのがめんどうくさいです。(フードプロセッサーがほしい!) 

おからパウダーをもう一度

粉つながり、ということで「おからパウダー」と再び向き合うことにしました。コーンスープと混ぜたり、マヨネーズとバターと混ぜてポテサラ風にしたりと、いろいろ挑戦してまいりましたが、今回はもうちょっとグレードアップ。クックパッド巡りをして出会ったのが、こちらのレシピです。

cookpad.com

ぜひ、クリックしてレシピもご覧になっていただきたい。各工程で写真を貼ってくださっているのでとても分かりやすいです。たっぷりのキュウリ、納豆、そしてみょうがをはじめとする薬味!考えているだけで口の中がよだれまみれになります。これはぜひ、挑戦したい。

 

「面倒くさい」との戦い

上記のレシピ、本当にすばらしいです。食べたい。でも…

作るにはいささか、面倒くさいなと、ズボラな身としては思うのです。

酢生姜とか、昆布の粉末とか、我が家にはないです。なにかで代用すればいいんですが、疲れているときはそれを考えるのも面倒くさい。きゅうりやみょうがを刻むのも、ちょっと、面倒くさい…。実際にはじめてしまえば、なんてことはない作業なのですが、「混ぜるだけでOK」レベルのレシピを、つい欲してしまいます。

そして思いつきました。

「山形のだし」と混ぜればいいじゃないか。

f:id:yamama48:20161001164306j:plain

これです。スーパーのお漬物売り場で見かけませんか?

だしは、山形県村山地方の郷土料理である。 夏野菜と香味野菜を細かくきざみ、醤油などで和えたもの。 飯や豆腐にかけて食べる。 一般的には出汁と区別して、山形のだしと呼ばれるが、「山形のだし」は株式会社マルハチが商標登録している。

※引用元:だし (郷土料理) - Wikipedia

 

スーパーでちょうど3割引きになっていたので、買ってきました。

 

混ぜる、ただそれだけ

つくり方もへったくれもありません。

おからパウダーを好きなだけお椀に出して、自分が好きな塩梅になるまでお湯を入れて混ぜて、そこに「山形のだし」を盛り付ける。参考までに、おからパウダー20g+水(私はお湯を入れることが多いです)80gでおから100g分になります。あくまで目安ですが。

盛り付けた様子が、こちらです。

f:id:yamama48:20161003082927j:plain

せっかくなので、さらに混ぜました。

f:id:yamama48:20161003082928j:plain

…居酒屋さんで大将が裏メニューとして出してくれる「ひと癖あるポテサラ」のように!(最近よくお世話になっている居酒屋さんで、刻んだいぶりがっこが入ったポテサラを出してくれるのですが、まあこれがほんとおいしくて)

 

おからパウダーの可能性に再び気づく

いやあ、おいしすぎてびっくりしました。

「おいしい」の4文字じゃ私の気持ちを表現しきれません。強いていうなれば「クッソうまいワロタww」とかなのでしょうか。いまだに小文字の「w」が使いこなせませんが、笑っちゃうおいしさであるのは確かです。しかも、混ぜただけ。1分足らずで完成です。

どんぶりごはんとも、冷奴とも、ポテサラとも違う、あっさりとしているのに食べ応えと満腹感のある一品。先に紹介したクックパッドのレシピでは「納豆」も混ぜていましたが、「ごはんに乗せておいしいものは、おからパウダーにも大概合う」という方程式が成り立つのかもしれません。次は納豆おからパウダー、やってみよう。

やっぱり、おからパウダーはすごい!

何度でもおすすめしますが、私はずっと、ユウテックさんのおからパウダーを購入しています。安さはもちろん、メール便で届けてくださるので、家をあけがちな独り暮らし世帯の方々にぴったり。500gなんて多いかも?と思われるかもしれませんが、賞味期限は長いですし、ハマるとあっという間になくなるので、大丈夫です。ご興味ありましたらぜひどうぞ!

おからパウダーと戯れた軌跡