言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

昭和27年創業「元祖長浜屋」のラーメンを長浜ですすってきた

IMG_1196_Fotor_082717_084300_AM

福岡といえば長浜ラーメンらしい。

その元祖(諸説ある様子)「長浜屋」さんに行ってきた。市場の目の前にある有名な店舗らしい。

 「らしい」「らしい」と伝聞言葉が続いてしまうのは、私がラーメンに関心を寄せていないからだ。食べ物は何でも好きなのだが、ラーメンだけは、食べているときの幸せよりもそこに辿りつくまでのムムム感が多く、敬遠してしまう。まずこの行列にゲンナリ。同行者は「回転が早いから、すぐだから」と言っていたが、さすがに瞬速で入れたわけではない。ひとりだったら辛かったなー。

IMG_1194_Fotor

ただ、安かったのはありがたい!ラーメン500円、替え玉100円。

これでも高くなった方だと同行者は言っていたが、東京ならラーメン1杯で780円以上だろう。1000円超の1杯もしばしば見かける。炭水化物が多くカロリー多め、その割にはお腹がいっぱいにならないという印象がいつまで経っても拭えない。同じ1000円ならアマタケのサラダチキンを3~4つ買うかも……

IMG_1198_Fotor_082717_090423_AM店内はいたってシンプル、というか殺風景というか。「お店」というよりも「長浜ラーメンを提供する場所」である。

IMG_1199_Fotor

この看板、いいな。ありとあらゆる飲食店で掲出すべきかもしれない。チビッコはいつだって全力だもんな(表情に全力感)。

IMG_1197_Fotor

テーブルには紅ショウガとスープの味を濃くするやつと、ごまと、お茶。ヤカンが超重量級で片手では太刀打ちできなかった。味のうすいお茶……こういうところですすると、妙においしい不思議。

「麺の固さは」と尋ねられ、業界用語がわからず困ってしまった。固いのが好きなのだが、ハリガネと言うんだったか。ツウぶって間違えたら恥ずかしいな。

「あ、いちばん固いや……」「固めでお願いします!」

「いちばん固いやつ」と言おうとしたら同行者に遮られてしまった。そのうえ「だめだよ!本当に固いの出てきちゃうから!あとお店の方に対して印象が悪くなるから」とたしなめられた。

曰く、乾麺そのままをスープにチャポンと浸けたようなものが出てくるのだとか。「いちばん固いやつ」という無知丸出しの頼み方は、お店の方や常連の方に「わかってないやつがわかったようなこと言いやがって」という印象を与えかねないそうだ。

わかったようなことを言わないために「いちばん固いやつ」という表現に行きついたのに、逆効果だったとは。

ラーメン屋さんにはいろいろマイナールールがあり、そこもちょっと、苦手なところ。「無知が相手を不快にさせることもある」という社会勉強にはよい機会。

IMG_1200_Fotor長浜ラーメン(固め)。

IMG_1201_Fotor

思いのほかあっさりとした味。そういえば店内も、スープの香りよりも麺を茹でる香りのほうが強く漂っていたような。猛暑のなかでもサラッといただけてしまう。うまい。

IMG_1202_Fotor

せっかく備え付けてあるので、紅ショウガとゴマを投入。ごまとの相性がめちゃくちゃよくて、ごまを食べてるんだか麺を食べてるんだかわからない境地にまで行きつく。うまい!

IMG_1203_Fotor

ちびっこに「走っちゃダメ」を全身で訴えていたイラストが、こんなところでも応用されていた(しかも反転させてる/ところでこのイラストのステッカーほしいです!)。

長浜ラーメン、おいしかったです。でも麺はもうちょっと固くてもよかった気がする。その場合はどう頼んだらいいんだろうなあ……。

関連ランキング:ラーメン | 赤坂駅大濠公園駅