言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

明治屋のかき氷シロップがゴージャス化!かき氷にかけなくてもいいのよ

yamama48.hatenablog.com

先月、東京・京橋の明治屋ホールで開催された「京橋かき氷コレクション」に参加し、お土産として明治屋さんのかき氷シロップをいただいた。

「明治屋のかき氷シロップ」といえば、ビンに入った色鮮やかなこちらの品。

ところが昨今の1杯1,000円超えもザラではない「グルメかき氷」ブームの台頭により、明治屋さんのシロップもゴージャス化。2017年5月1日より新発売された「マイシロップパウチ 味わうシリーズ」をいただいたのだ。

f:id:yamama48:20170625213748j:plain

お味のラインナップは写真左から「とちおとめを味わう」「宇治抹茶を味わう」「九州のゆずを味わう」「日本のメロンを味わう」 。シンプルに「いちご」と書かれていたシロップと比較しても「味にこだわりましたよ」感がジワリ。それぞれ内容量は150gで、かき氷4~6杯分にあたるという。税込302円。

f:id:yamama48:20170615065943j:plain

イベント会場でいただいたのは「いちご」と「ゆず」だったが、「あまーーーーーい!」にとどまらない”果汁”を感じられるみずみずしい味わいと果肉が本格的だった。

 

かき氷マシン、持ってないんだが

いただいたものの、我が家にはかき氷マシンなどない。さてどうしよう。そしてそういう家庭は日本に数多存在するはず、というか持っていない派がマジョリティでしょう。

でもあのシロップはうまかった!じゃあどうする!ということで活用法を探ってみました。

f:id:yamama48:20170625213749j:plain

会場でいただくことができなかった、「日本のメロンを味わう」でいってみましょう。

食べ方1 ヨーグルト

f:id:yamama48:20170625213751j:plain

シロップが十分甘いので、合わせるなら甘くないものが望ましい。ということで基本かもしれないけれど、無糖ヨーグルトにかける。

f:id:yamama48:20170625213752j:plain

贅沢な味わいになりました。

 

食べ方2 豆腐

f:id:yamama48:20170625213753j:plain

甘くなくてつるんとしたものといえば、そう、豆腐

青山の「糖朝」ができたばかりのころ、母と訪問し「豆腐花(トーファー)」というデザート豆腐の存在を知ったときはたまげたものだ。甘い豆腐なんて食べたことがなかった。そして美味であった。

感激しすぎて自宅で絹ごし豆腐にグラニュー糖をかけて食ってみたら、食べられたものではなかった。砂利を食っているようであった。「想像力がない」とはこういうことを指すのだと思う。

しかしこのシロップと男前豆腐の力をもってすれば、かつて私をいろいろと震わせた豆腐花(トーファーと読む、ということはわかっているのに脳内の瞬間変換がどうしても”とうふはな”になるのはなぜ)を上回ることができるはず!

f:id:yamama48:20170625213754j:plain

ケンちゃん豆腐で「日本のメロンを味わう」図。

どうだいこの見た目、パンナコッタのようじゃあないか。ひとくち食べたら、あら、おいしい。肝心の豆腐花の味がどうであったかすっかり忘れていたが、この組み合わせがおいしいことは確実。ぜひお試しを。

 

食べ方3 豆乳

食べ方というか「飲み方」か。豆腐の相性がいいなら、豆乳もいけるでしょうということで大豆シリーズ。

f:id:yamama48:20170625213758j:plain

緑色の「調整豆乳」なんて認めないね。ここは大豆の本領発揮、「無調整豆乳」で挑む!

ところで現在、紀文の豆乳はキャンペーン実施中。その名も「豆乳飲んで夢をつかもう!」。シンプルで凝っていないネーミングの底力を見た気がする。ちなみにディズニーランド貸し切りパーティーに招待してもらえるそうです。

f:id:yamama48:20170625213759j:plain

入れてみました。重みで下に溜まってしまう。

f:id:yamama48:20170625213801j:plain

グルグルっとかき混ぜて、両足を肩幅に開いて、腰に右手をあてて、グイッといただきます。うまし!風呂上がりにおすすめです。

 

食べ方4 食パン

 

最近読んだ本のなかで「気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている」が最高におもしろかった。そのなかで「パセラ」をテーマにしたエッセイがあるのだが、村瀬さんはとにかくハニートーストが好物、世の男性の多くがハニトー好きだという一節があり興味深かった。しかし悩ましいのが、男性はハニトーを頼みにくい、ということ。そうかあ、男性にはそういう悩みもあるのだなあと同情しつつ、明治屋さんのパウチシロップと食パンがあれば、自宅である程度のハニトー欲求が解消できるのではないかと思いついた。

f:id:yamama48:20170625213755j:plain

こういうことです。ちなみにこの食パンは下記のようにして仕入れております。

yamama48.hatenablog.com

 

食べ方5 カッテージチーズ

f:id:yamama48:20170625213757j:plain

脱脂乳などから作られるというカッテージチーズは、カロリー控えめでダイエッターの味方。これだけで食べても、デザートを食べているような感覚になれる。ちょっとお高いので安売りのときだけ購入している。

これにシロップをかけると

f:id:yamama48:20170625213756j:plain

デザート感すごい。

見た目も味も、「がまんしている」という雰囲気が漂わない。甘いものがやめられないダイエッターに本当におすすめしたい。(ただしシロップをかける量はその場にいる誰かに依頼したほうがいいと思う。ドロドロにかけたら、意味ありません)

 

以上、かき氷マシンがない家庭での「マイシロップパウチ 味わうシリーズ」の楽しみ方でした。シンプルにアイスクリームなどにかけてもよいのだろうな。まだまだいろいろできそう。

明治屋さん、ごちそうさまでした!かき氷以外に広がる可能性、まだまだあると思います!