読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

東銀座「香季庵」のランチはこんなに気が利いていていいのか?糖質制限中でも行けるぞ!

食事処 食事処‐銀座・有楽町・新橋・浜松町

糖質制限を始めると、夜の飲み会以上に昼食に困る。
なにしろ、炭水化物不要なのだ。
パスタやピザがメインのイタリアン、行列ができるラーメン店、どれもこれも縁遠くなる。

魚ならOK!と思って和定食屋に入ろうものなら、「大盛無料」という4文字のホスピタリティとともに米飯が差し出されるのである。
「ごはん要りません」と宣言することにも慣れたが、どうしても割高感が拭えない。

その点、銀座7丁目、東銀座付近にある懐石料理屋さん「香季庵(こうきあん)」はすごい。

f:id:yamama48:20160207082942j:plain

上司が連れて行ってくれた、おしゃれなお店。

f:id:yamama48:20160207082946j:plain

美しいお店構えを鮮やかに裏切る、ボリュームたっぷり&気が利きすぎているランチに衝撃を受けた。

f:id:yamama48:20160207082943j:plain

ランチタイムは魚・肉の定食メニュー。
ハンバーグがイチオシのようだが、周囲を窺っていると、唐揚げ定食を注文されている方も多かった。
ほか、日替わりの魚料理はブリカマなどが提供されることも、

しかしそれより、目を見張るのはこのシステム。

f:id:yamama48:20160207124717j:plain

ごはん、味噌汁、漬物、サラダは、オール・セルフサービス!

f:id:yamama48:20160207082944j:plain

すべては自己責任!
ごはん無しでサラダたっぷりという選択が可能!!

ましてやたった100円を追加するだけで、ドリンクも飲み放題。

f:id:yamama48:20160207082945j:plain

悩んだ挙句、「疲れているときこそ揚げ物」の精神にのっとり、「カレイの天ぷら」をお願いすることに。

食べ放題ゾーンを心の底から楽しむ

まずはサラダから。

f:id:yamama48:20160207082947j:plain

ドレッシングは和風1種。
サラダの奥には柴漬けもあった。

さらにその隣には、調味料セット。

f:id:yamama48:20160207082951j:plain

塩、マヨ、ケチャ!
なんかもう、うれしい。いろいろ楽しめそうな気がする。

続いては、ごはん。

f:id:yamama48:20160207082950j:plain

スルー。

その横には、味噌汁。

f:id:yamama48:20160207082948j:plain

しかも・・・

f:id:yamama48:20160207082949j:plain

お揚げとわかめが入れ放題だ!!

うわあああうれしい。
しなびた具が、おたま3スクープに対し体積2㎤くらいしか入っていないケチケチ味噌汁とは訳が違う。
わかめがもはや歯ごたえを失い、「藻」と化しているようなフリー味噌汁とは一線を画している。
このあたりから、感動で震えはじめていた。

興奮ともに盛り付けた結果が、こちら。

f:id:yamama48:20160207082952j:plain

ポイントは、サラダにドレッシングをかけず、柴漬けを乗せたところ。

キャベツは白米の代替品としてフル活用だ。
なにかいいことがあるかもしれないので、塩とマヨネーズも持ってきておいた。

天ぷらのボリュームがすごい

メインディッシュであるカレイの天ぷらがまた、すごかった。

f:id:yamama48:20160207082953j:plain

このボリューム!

1個につき、女性のゲンコツ半分くらいの大きさはあったんじゃなかろうか。
それが5~6個、どーんと。

この日は冷奴が付いていた。
ミニ副菜は、日によって違うようである。
タレを別添えにしてくれているのも、うれしいなあ。

そのおかげで冷奴だけでなく、

f:id:yamama48:20160207082954j:plain

こうやって、サラダにかけて楽しむことだってできるんだから!

そして、サラダゾーンにあった「塩・マヨ・ケチャ」も大活躍。
カレイの天ぷらをいろんな味付けでいただくことができる。

f:id:yamama48:20160207082957j:plain

まずは、塩で。
がぶりと噛みつくと、カレイの脂がしたたり落ちた。

f:id:yamama48:20160207083000j:plain

受け皿として、野菜てんこ盛りのサラダ皿を口元に用意していた私の完全勝利。

ジューシーでこってり、カレイ天、うまーい!

サラダ皿から、生野菜を口の中に追加投入。
脂っこさが緩和されて、これまたうまい。

続いて、マヨネーズと。

f:id:yamama48:20160207082958j:plain

こってりの極み、うまーい!

冷奴に添えられていたおろしポン酢でさっぱりいただくのもまた、格別だった。
いずれにしても、天ぷらだけだとなかなかヘビーな味わいなので、サラダとのコンボ技がキモである。

銀座で1,000円でここまで満足できるとは

ドリンクバーをつけていたので、コーヒーも散々いただいた。
それでもたった1,000円だなんて、泣けてくるじゃないか。

きれいだし、ごはんカットもできるし、野菜がいっぱい食べられるし、なによりメインディッシュの量がたっぷりだし、こんなに気が利いていていいのかしら。

15時ラストオーダー、15時半まで営業というランチタイム設定も涙が出るうれしさ。
みんながみんな、12時~13時台にお昼を食べられるわけじゃないんだ!
東銀座で打ち合わせが長引き、お腹がすいてしまったら、ぜひとも香季庵さんを選択肢のひとつに加えてほしい。
ちなみに、平日だけでなく土曜日もランチ営業をしているらしい。
新橋演舞場や博品館劇場に行く前にも、お世話になります。

f:id:yamama48:20160207083001j:plain

ワインや日本酒もいろいろ揃えているようなので、夜の接待でもお世話になれそう。
2階建てで80席近くあり、個室も備えている様子。

でもまずはランチ制覇から!
次回は鶏のから揚げをいただきに、行ってきます。

tabelog.com