言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

活動量計Jawbone UP2のサポートが酷かった…という思い出がくれたもの

中高生時代に反抗期と無縁だったいい子は、成人してから「遅い反抗期」を迎えることがあるなんていうけれど、色恋沙汰にもそんなところがあると思う。

男女共学校に通っていたにもかかわらず「男子」が怖くて、ほとんど話しかけることができなかった私。なにが「恋バナ」じゃァ!そんなもんにうつつを抜かしておれんわァ!自分に対する自信の無さを強がりで隠し、お笑い芸人の単独ライブやら、ビジュアル系バンドの切り抜きスクラップブックづくりやら、テレホーダイタイムのチャットやらに明け暮れたものである。

見目麗しいカップル(俗に言う”一軍の同級生”)がおそろいのケータイストラップを提げていることが羨ましく、かといって太刀打ちできる自分でもないため、”フンだ、学生たるもの勉学に励むべし”なんて思いながら受験し、就職し、31歳にもなって、

…交際中の彼との「交際の証」的なものが欲しくなりました。

ずっと封じ込めていた感情が、いま、爆発。右手薬指がキラリと光る未婚の女が羨ましいぜ、私もそれ、やってみたい。

されど長年かけて築き上げてきた「隙のない女ブランド」の手前、宝飾品が欲しいなどとは、口が裂けようとベッコウ飴を投げつけられようと、言えやしないのだ。いま、こうして書いているさなかにも手が震えている。うう、コンタクトレンズを買うだけで「ホントのワタシデビュー」ができたらどれだけラクだろう。レーシック手術は既に済んでいるんですが、私を許してくれやしませんか、プライドの神様…。

ロマンスの神様

ロマンスの神様

 

 

活動量計を買う

そんなときに愛するAmazonで見つけたのが「活動量計」のセール情報だった。腕に巻いておくだけで、歩数はおろか睡眠時間なども記録できてしまうというスグレモノだ。セール対象になっていたのはJawboneというアメリカのメーカーの製品。

従来の万歩計のイメージをトリプルアクセルな感じで覆す、このスタイリッシュぶり。シンプルな黒いリストバンドなので日々のコーディネイトの邪魔をしないし、男女問わず使うことができそうだ。

…そう、”男女ともに”使えそう。

私はすっかり買うつもりでいたが、ついでに彼も買ったらいいのである。そうしたらアレだ、おそろいってやつだ。高校生のころの一軍のあいつらに追いつけるときなんだ。彼に尋ねてみればちょうど活動量計には興味があったとのことで、快諾された。

きたぜ、きたぜ!きたぜ!!やたら遅れてやって来た私の”交際の証”欲求は、「うれしはずかしペアグッズ」という形で成就することとなったのである。

「カートへ入れる」ボタンををポチッとな…から数日でJawbone製の活動量計「UP2」が手元に届き、いよいよ、ペア活動量計の日々が幕を開けた。ああ、輝きはじめた私の毎日!

言葉のアヤなどではなく、活動量計によって毎日が本当に楽しくなったのだ。ペアグッズ欲が満たされたから、というのはそっと横に置いておいていただくとして、活動量計を巻いているだけで、自分が何時ごろどのくらい活動をしていたのか、日々の眠りの深さはいかほどか、なんてことがわかるのはおもしろいことだった。

f:id:yamama48:20161026145104p:plain

帰宅中の歩数が8,000歩くらいだと、「あとちょっとで1万歩だし、歩くか」なんて思えるし、長時間眠れなかった日があっても、「どうも深く眠れていたようだぞ」と思えるだけでちょっと安心。

目覚まし機能がまた素晴らしく、眠りが浅いタイミングを見計らってバイブレーション機能で起こしてくれることに感激した。USBケーブルでフル充電すると1週間ほど使い続けられるという燃費の良さにも、目を見張るものがある。

すごい、すごいぞ活動量計。めちゃくちゃいい買い物をしてしまったぞ!

別れは突然に

されど、人生山あり谷あり。永久に続く幸せなどなし。使用開始からたった3ヶ月ほどで、電池の持ちが悪くなってきた。フル充電すれば1週間使い続けられていたはずなのに、耐久時間は3日、1日と短くなっていき、最終的にはUSBケーブルに接続しても、給電している様子が一切うかがえなくなってしまった。

たった3ヶ月で故障してしまう製品が、本当にこの世に存在するとは。

なにせ生まれてこのかた、家電製品の保証書に世話になったためしがなかったのだ(自慢)。どこかで他人事のように感じていた「初期不良」というトラブルを、よりによって我が人生における貴重なトキメキグッズで体験することになろうとは…。

幸か不幸か突然の故障ではなく、ソフトランディングというか、徐々に調子が悪くなっていってくれたので、なんとなく「きっと使えなくなるんだろうな」という心づもりはできていた。ついに動かなくなった日も、残念というよりは「やっぱりねー」というのが正直な想いであり、怒りも悲しみも湧いてきやしない。

とりあえずサポートセンターにメールで問い合わせたが、その行為自体に面倒くささすら覚えていた。そんな心境に辿り着いてしまっていたものだから、問い合わせ後の返信がしばらくの間(たしか1週間くらい)こちらに届かなかったことにも気づいていなかった。改行ってナンデスカ?と言わんばかりの、文章が横に長~~い返信メールが届いてはじめて「そういえば問い合わせていたんだっけ」と思い出したくらいだ。

そこには「動かなくなった時の対策法」が列記されていた。せっかくなので上から順に試してみるも、復旧の気配はなし。その場合は保証書の写真を撮ってメールに添付し、再度サポートセンターに連絡するよう記載されていたので、指示に従った。

その後の返信は、やっぱりなかなか来なかった。小学生のころ、英語の授業の一環で文通をした、アメリカ在住の「ペンパル」のことを思い出した。(ペンフレンドのことです。)青と赤のシマシマの「THE エアメール」みたいな封筒で手紙を出す自分に、酔ったよなあ。手紙を書く際に参考にさせていただいていた、英語の手紙の書き方を紹介する本には、「船便でお手紙を出すと、安いけれど1ヶ月くらいかかるので注意」なんてことが書かれていた気がする。

そう、きっとJawbone社とのメールのやりとりは電子船便で行われているがゆえ、返事が届くまでにはひと月くらいかかるもんなのだ…と思っていたら、本当に1ヶ月くらいしてから返信が届いた。

しかもサポートセンター名義ではなく、スタッフから。ここでは仮にJさんと呼ぶとしよう。実に丁寧な内容だったので、一部をご覧いただきたい。

ミスターJからのメール(一部抜粋 ※適宜改行しました)

特別発注にて交換品の手配をいたしました。
通常の保証交換では、交換品の発注の前に不具合商品を送っていただいております。
しかしながらJAWBONEは少しでも早くお客様にJAWBONE商品をお送りしご利用いただきたく、今回は特別に交換品の受領前に交換品を発注させていただきました。

この特例に加え、JAWBONEではお客様への感謝をこめて、今回は特別に、お持ちの商品の返品の必要がないように処理をさせていただきました。
環境に配慮した適切な方法で処分をお願いいたします。

発送の準備が整いましたら、倉庫より確認のメールがお客様のJAWBONEアカウントメールアドレスに届きますので、ご確認ください。

なお、商品はヨーロッパの倉庫から発送されるため、お届けまでにお時間を要することをご理解ください。
また、お届けまでの期間は、倉庫の在庫状況にも拠ります。
このたびは、ご不便をおかけして大変申し訳ございませんでした。

以上。

京都では客人に帰ってほしい意思を表現するべく、やさしい言葉で会話をしながらもそっと「渋い茶」を出すと聞いたことがあるが、

私、ちょうど渋い茶を出された気分よ。

「さっさとこの案件終わらせて、次」感が滲み出ている気がする。「本当は代替品を送る前に不良品を送ってもらうようにしてるんですけど、私、やさしいので、先に新品を送ってあげちゃいますね」的な親切アピールはなんなんだ。いや、良心的ですよ。不良品を以って新品と交換、というのが筋でしょう。されど言い方ひとつで、なんともいえぬ不快感というか、モヤモヤ感が私の中に…。

しかも、遠路はるばる欧州の地から島国ジャポンまで送ってくださると言うではないか。アメリカのメーカーなのに、倉庫はヨーロッパだったんかい。それにヨーロッパといっても国は数多あるぞ。これはあれか、日本人はヨーロッパに強い憧れがあると踏んでのことか。とりあえずヨーロッパって言っておきゃありがたがるだろ、みたいな。くそっ、なめられてる。いま私がいちばん行きたい海外の地は、ハワイなんだからな!(※注:この苛立ちはすべて自分の思い込みによるものであります、J氏に悪気はないと信じています)

代替品はいつ届くんだ

そんなやりとりがなされたのは、今年8月下旬のこと。

10月に入ってもなお、J氏からの続報はなかった。発送の準備、どれだけかかっているんだろうか。正直なところ活動量計のない日々に物足りなさや寂しさなどは一切感じていなかったが、さすがに2ヶ月も経とうとしている。本当に船便で送っているにしたって、そろそろ届いてもいいはずだ。

社会人生活で身に着けた催促文、「その後どうなっておりますでしょうか」をJ氏に送りつけると、翌々日(これまでのやり取りを振り返ると、驚異的なまでの反応の早さである)返答あり。

ミスターJからのメール (一部抜粋)

担当者に確認させていただいたところ、大変申し訳ございませんが、発送されていなかったとのことでした。
すぐに発送させるよう通達させていただきましたので、大変恐れ入りますが、商品到着まで、お待ちください。
この度は、最初のご連絡から商品発送にいたるまで、長い時間がかかり、大変申し訳ございませんでした。

 

以上。

担当者に確認させていただいたところ、大変申し訳ございませんが、発送されていなかったとのことでした。」!!!

あんなに大げさに、「仕方ねえなあ送ってやるよ」感出してたのに!!!まさかの、「送られていませんでした」!!!!

しかも伝聞形の文章で責任逃れするなんて、男らしくないぜ!ジャパニーズ・サムライへの道は遠いぜ!いいかJ氏よ、連帯責任という言葉を知っているか?あなたではない別の担当者のミスであったとしても、あなた方は「ティーム・Jawbone」なのだ(なんとなく古館伊知郎風に発音しておきました)。ここはストレートに「私どものミスで発送されていませんでした、すみませんでした」でいいじゃないか。ううむ、前回のメール以上のモヤモヤフィーリング。健康になるために購入した活動量計によって、まさかこんな心地を抱くことになろうとは…。

やればできるんじゃないか  

J氏の責任逃れメールが届いてから3日ほどで、代替品は届いた。

f:id:yamama48:20161026230334j:plain

f:id:yamama48:20161026230335j:plain

アイルランドから、たった3日で…。

3ヶ月以上にわたる我がペンパル・Jawbone社&J氏との思い出が走馬灯のように蘇る…っていうほど密なやりとりはしてないか。いやはや、”タダより高い物はない”とはよく言ったものだ。この代替品を手に入れるための面倒くささといったら、もう!

そんな話を彼に報告したところ、「あ、俺も先月電池のところがサビて使えなくなっちゃったんだよね」とのこと。最近つけていないと思っていたら、そういうことだったのか。面倒くさいからカスタマーサポートには連絡しないそうな。

あまりにも僅かだったペアグッズライフを、私は一生の思い出のひとつにすることでしょう。あと、仕事でお客さんや社外の方に謝るときは人のせいにしないぞと思った次第。思い出と学びは、プライスレス。いろいろありがとう、Jawbone社&J氏。

とはいえ、なんだかんだで活動量計ライフ再開。(悔しいけど、)やっぱりこれがあると毎日がちょっと楽しくなるんだよなあ。

f:id:yamama48:20161026230336j:plain



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー