読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

私はアイドルになれなかった【はてなお題】

悲喜こもごも‐考え方 悲喜こもごも

 

ブログ開設から69日目。

毎日投稿するようになって59日。

 

「ブログ界のアイドル」=「人気ブロガー」と捉えるならば、現時点で、私は研修生にもなれていない。

早い人なら、既にトップアイドルになっているだけの月日が流れているのだが、私は駄目だった。

 

 

■アイドルを夢見たあの日

 

はてなブログ開設当初、あまりのアクセス数の少なさに、日々がっかりしていた。

SNSで繋がっている知人・友人のアクセスはありがたかったが、もっと大きなものを夢見てしまっていた。

 

「はてなブログのポータルページで紹介されて、人気ブログになっちゃう日が来るかも!」

 

はてなブログはてなブログ

 

アクセスは全く増えない。

上記ページで紹介される気配もない。

夢、やぶれて。

 

 

悔しいので調べてみると、「毎日更新する」ことがポイントになっているようだった。

 

時間のやりくりは不得手な方だ。

仕事をしながら毎日ブログを更新するというのは、想像しただけで疲れる。

それでも、私と同世代の人たちや、似た趣味を持った人たち、近い業界で仕事をしている人たちのブログが大きく紹介され、人気を集めている様が羨ましかった。

私もそんな存在になってみたい!

 

意を決した。

その日から毎日更新し始めて、本日で59日経ったということになる。

 しかし、何日経っても、私のブログが紹介されることはなかった。

 

・・・ならば、だ。

 

はてなブログには有料プランがしっかり用意されている。

 

 

月々600円と記載されているが、これは2年間一括決済をした場合の月割り金額。

1年コースだと、月々700円。

1ヶ月単発だと1000円。

 

お金も納めずにいい想いをしようだなんて、確かに間違っていた。

とはいえ、さすがに1年、2年分をまとめて払おうとなると、それなりの出費になってしまう。

まずは様子見。

そう考え、1ヶ月コースを申し込んだ。

 

さあ、やることはやった。いよいよ紹介されちゃうぞ!

期待に胸を膨らませながら1日、また1日と記事の更新を続けるも、やはり一向に私のブログは紹介されないのだった。

 

 

■アイドルに必要なのは「素材力」「運」「度胸」そして・・・

 

いくら条件を揃えても、アイドル、すなわちここで言うところの人気ブロガーにはなれなかった。

 

「アイドル」という存在を考えてみる。

 

どんなに見目麗しくても、タイミングの神に見放されることもあるだろうし、財力や政治力を備えていても、あんまりにも不細工じゃあアイドルにはなれないだろう。

 

そして、度胸がなくちゃ。

人気者になりたいなら、とんでもなく色々なことを犠牲にするだけの覚悟が必要なのだ。

 

勝間和代さんは、著書の「有名人になるということ」で、そのデメリットをこう記している。

 

  • 大きなデメリットのひとつは、「衆人環視の中」で生きるということ
  • 最大のデメリットは、見知らぬ人たちから批判され攻撃されることを「日常」と考えなければいけないこと

 

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)

「有名人になる」ということ (ディスカヴァー携書)

 

 

 

アイドルには、バッシングや否定的な意見がつきものだ。

本人は懸命に努力しているのに、写真を一瞥しただけの見知らぬ人から「ブス」と言われることなんて、しょっちゅう。

とんでもない鋼のハートがなければ、アイドル業は続かないだろう。

 

人気ブロガーも同様で、彼らには読者からの否定的なコメントがついて回る。

突然、ツイッターで否定的なメッセージが送られてくることもあるだろう。

それは「不特定多数の人から読まれている」という人気・注目度の証でもあるのだが、私はきっと、そんなメッセージが届いたら縮み上がってしまう。

 

「素材力」「運」「度胸」そして最近のアイドルには「握手会神対応力」なるものが必要だそうだ。

駆け出しのAKB研修生が総選挙で票を入れてもらうことを望むなら、握手会で「神対応」しなければ、目的達成の道は険しくなる。

 

【AKB48】握手会での対応を図にしたのが分かりやすくて面白い - NAVER まとめ

 

ブログでいうところの、「他のブロガーの記事のチェック・コメント」が該当するように感じる。

人気ブロガーと呼ばれる人たちには、常に面白い記事を見つけてコメントをする、マメな方が多いように思う。

 

私はどうか。

正直なところ、自分のブログの記事更新でイッパイイッパイになっており、周囲の記事チェックができていない。

ブログを読んでもらうためには、そのきっかけをどんどん作っていかなければならないのに、である。

 

 

■アイドルにはなれないけれど、愛あるブログを書いていく

 

度胸は一朝一夕で身につくようなものではないし、できることなら嫌われずに過ごしていきたい。

公の場に自らの意見を開示している以上、「嫌われたくない」などと一方的に受け手の優しさを期待するのは、大変わがままなことだと思う。

それでもやはり、「否定されたくない」と願ってしまうのだ。

 

だから当然、ニュース性のあるとがった意見は発さないようにしているし、なるべく極論は述べないようにしている。

しかし、そんなことではもちろん「読みたくなる記事」は生み出せない。

さらに他のブログをチェックし、コメントするような積極性も発揮できずにいる。

 

夢見たアイドルには「なれるはずがない」ことがわかった。

勇気も、覚悟も、度胸もない。握手会も「塩対応」状態だ。

アイドル(注目されるブロガー)になる資格なんて、なかったのだ。

 

そのことに納得してから、少し楽になった。

 「アイドル」などというとんでもない夢ではなく、着実な目標を立てよう。

いま思うことといえば、

 

「何かお役に立つ情報をお届けできる存在でありたい」

 

ということ。 

1日24時間しか与えられていないなかで、何かの時間を犠牲にしてこのブログを読んでくれている方々に、「ああ、無駄な時間だった」と感じさせないように。

(皮肉にも、この記事には情報がないので、無駄な時間系かも・・・)

 

気の向くままに飲食レポートを書いているが、私の拙い記事をきっかけに「食べてみたい」「この店に行ってみたい」という気持ちが生まれ、実際に行動を起こしていただけるようなことがあったら、それはとんでもなく幸せなことだ。

 

そのためにも、日々感じている食べ物たちへの愛情を、このブログで表現していきたいと思う。

 

目的は変われども、ブログは毎日更新!・・・の予定。

今後ともよろしくご贔屓のほど、お願いいたします。

(明日からまた食ブログに戻ります)

 

※更新頻度を落として、下記記事で紹介されていたnanapiワークスで修行も検討中・・よいものがお届けできるよう、精進していきたいです。

私のブログにおける赤ペン先生はnanapiワークスでした - AIUEO Lab2

 

 

今週のお題「アイドル」