言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

揚げ物2種選んで700円!蔵前・田原町の間にある「とんかつ はやしや」のランチに癒される

IMG_1813_Fotor

大江戸線・蔵前駅、銀座線・田原町駅のあいだにあるお弁当屋さん「はやしや」。土日の浅草散歩中に通りかかるたび、併設されているとんかつ屋さんのことが気になっていた。絶対にすてきなお店だ、という直感は働いていたものの平日営業(地元のすてきなお店あるある)。

平日に休みを取ることができ、念願の初訪問を果たしてきた。

 揚げ物2種が選べる「セレクトランチ」は700円

IMG_1788_Fotor

カウンター席とテーブル2卓のこじんまりとした店内。気さくでやさしい奥さんに迎えられる。

IMG_1790_Fotor

店主さんは釣りがお好きなのだろう、店内に所せましと圧巻の魚拓が何枚も。鯛の顎骨まで飾られていた。カウンターに熱帯魚の水槽まであったもんなあ。

でも、ここはとんかつ屋である。

IMG_1793

平日11時~14時は、揚げ物2種類を自由に組み合わせられるセレクトランチ(700円)がいただける。

達筆な文字と、メニュー表右下の「NESPRESSO」に心惹かれるじゃないか。喫茶店かどこかで余っていたものを譲り受けたのかなあ。

悩んでいると、「ヒレカツ定食を値下げしたんですよ!」と奥さん。壁に貼られたメニュー表を見れば、「1200円⇒800円」と書かれていた。

値下げの度合いがすごくないか?

最初の価格が泣いていやしないか。何故この値下げ率なのか…!いかほどのヒレカツがいただけるものなのか気になって仕方ないが、悩んだ結果、大好きなアジフライと鶏の唐揚げをいただくことに。真相に迫れずすみません。

IMG_1798

オーダーしてからお料理ができるまでのあいだは、ルービックキューブと知恵の輪をお楽しみください。

アジフライと唐揚げをいただきます

IMG_1796_Fotor

ごはんは半量にしてもらっている。

IMG_1800_Fotor

オーダーしてから奥さんが揚げてくれた、アツアツのアジフライ。冒頭写真のとおり店内はお弁当屋さんとつながっており、唐揚げはお弁当屋さん担当のお兄さんがつくってくれた。

揚げ物に心奪われてしまうのは言うまでもないが、その背後にそびえ立つキャベツタワーにも感動だ。まさに「山」。揚げ物にはやっぱりキャベツが欠かせない!

変に気を利かせてドレッシング類があらかじめかけられているお店もあるなか、潔くプレーンのキャベツタワーなのもうれしい。ドレッシングが欲しくば、

IMG_1792_Fotor

キューピー焙煎胡麻ドレッシングをどうぞ!ドカンと大容量。

IMG_1803_Fotor

ソースはウスター。ドレッシングもいいけれど、ソースで食べるキャベツってまた格別にうまいんだよなあ。

IMG_1804_Fotor

ソースを和えて少ししっとりしたキャベツをフライに乗せ、一緒にいただくのが俺流。揚げたてサクサクのアジフライと、ソースキャベツのシャクシャク感が重なって大変美味。

IMG_1806_Fotor

揚げ物をある程度堪能したら、ソースキャベツと揚げ物をごはんの上へ。ソースとごはんと揚げ物の油がなんとも言えぬ風味を醸し出す。

IMG_1799_Fotor

最後にお漬物で口もさっぱり。麦茶が注がれたJINROグラスが、またいい味出してるんだよなあ。

お料理だけでなく、お店の雰囲気がごちそう

少し早めの11時半にお店に到着した時点で先客はいなかったが、正午をまわるとともに満席に。男性おひとりさまがほとんどだったが、誰に頼まれるでもなく、カウンター席に奥からきっちり座っていく様が心に残った。1席空けて座るところを、左からしっかり詰めて座るのだもの。なんだかほっこり。

IMG_1795

カウンターの上に備え付けられている液晶テレビから、「徹子の部屋」が流れ始めた。なんだろうこの実家感。ホッとする。まだまだ、ゆっくりしていたい。

けれど外には待機列ができようとしていた。慌てて漬物と麦茶を口の中に放り込み、お会計。700円でおなかもこころもいっぱいだ。

IMG_1794

17時から20時までと短時間ながら、夜も営業しているらしい。平日早く退社できた日に、また伺いたいな。ごちそうさまでした。

関連ランキング:とんかつ | 蔵前駅田原町駅新御徒町駅