読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

見た目と機能を兼ね備えたハリスツイード使用のスマホ手袋が気に入った【PR】

11万点以上のスマホ・携帯アクセサリを販売するのお店「Hamee(ハミィ)」さんより、スマートフォン対応のラムレザー手袋をサンプリングでいただきました。
ハリスツイードを使った、2015年の新作手袋です。

 

「スマホ手袋」の偏見よサラバ!オンオフ問わないデザインがうれしい

手袋をつけたまま、スマートフォンなどのタッチパネルに触れることができる「スマホ手袋」。便利そうだなと思いつつも、「家電量販店で売られていて、デザイン性より機能重視」というイメージがありました。

シンプルに書くと・・・「おしゃれではない」

スマホなくして生きていけない、冷え症な、私。
ナウでヤングでオシャレにビンカンな、私。

冬の手袋というのは地味な悩みの種でした。

かわいい手袋を買っても、スマホをいじる度にはずすのが億劫で、結局タンスの肥やしになってしまったり。

それでもなんとか解決策を考え、一昨年ごろからは、こんな感じの手袋・・・というか「ニットの筒」を愛用しています。

f:id:yamama48:20151126072933j:plain
※親指のところは穴があいている

かわいいし便利で気に入っているんですが、なかなかカジュアルなグッズなので「仕事のときはチョットね」という方もおられるかと思います。
特に男性は厳しいですよね。高校生のセーターの袖みたいだし。 

その点、Hameeさんのスマホ手袋はTPO問わず幅広く使えそうです。
BEAMSなどのセレクトショップでもお馴染み、スコットランド伝統のツイード「ハリスツイード」が甲の部分に使われていておしゃれ!

5種ありますが、どれもいい味出しています。

手のひら側はラムレザー。
これが手袋の印象を引き締めていて、仕事のときでも気兼ねなく使えます。
気になる価格は税抜7,800円(送料込)。
「ちょっぴり贅沢」価格だからこそ、大事に長く使えそうです。

ハリスツイードとは

f:id:yamama48:20151126075007j:plain

最近、このタグに描かれたマークを見かけることが増えた、という方もおられるかと思います。
アパレルブランドのようにも思えてしまうのですが、「ハリスツイード」は「ツイードという素材」のブランドです。
スコットランドのハリス&ルイス島というところで作られているので「ハリスツイード」なのですね。

※参考:今さら聞けない、“ハリスツイード”初心者講座|ワードローブ(メンズファッションアイテム)|GQ JAPAN

2010年にハリスツイード協会が100周年を迎えたことを機に、いろんなブランドがハリスツイードに再注目してツイード素材を取り入れ、いまに至っているそうです。

前述の写真のタグは「しっかりしたツイード」の証でもあるのですが、これは「外す」のが正解。マーク自体もかわいいので、なんだか勿体ないですが。

ハリスツイードをつかった洋服や小物のなかには、しっかり縫い付けてあるものもあります。タグも含めてデザイン、ということですね。
一方、今回の手袋は四隅を簡単に縫い付けてあるだけ。

f:id:yamama48:20151126075008j:plain

もちろん最終的には「好みの問題」ですが、私は取りました。だって、

「これはハリスツイードなんだ」ということを周囲に見せびらかさないって、格好いい気がするから。

(能ある鷹は爪を隠す的な?「ワイルドだろォ?」的な?・・・うーん、それは違うか。あああああこんなこと考えずにササッと、当たり前って顔してタグ外したい・・・)

とにかく、そろりそろりと丁重にタグを取りました。

f:id:yamama48:20151126075009j:plain

f:id:yamama48:20151126075010j:plain
※タグ、さよなら・・・

 

着用感

この度ご提供いただいたのは、いちばん気に入った「グリーンヘリンボーン」です。

こういう色、なかなかない気がします。グリーンといいつつグリーンすぎない。

皮が伸びるので少し小さめのサイズを、とのアドバイスをいただき、Sサイズにしました。

http://image.rakuten.co.jp/keitai/cabinet/item/555/page01/555-834114img23.jpg

※男性はMサイズかLサイズが良いと思います

 

f:id:yamama48:20151126075011j:plain

割と手が大きい方なので心配していましたが、大きな不具合はありません。

f:id:yamama48:20151126075001j:plain

f:id:yamama48:20151126075002j:plain

正直なところ、指の股の部分が浮いていたり、親指が手袋の先まで入りきらなかったりします。
でもラムレザーが柔らかいので、しばらく使って馴染んでいけば、かなり使いやすくなりそう。変なニオイがしないのもうれしいです。

ただ・・・買ってから当面の間は、スマートフォンのホームボタンを親指で押すのは難しそうですね。

f:id:yamama48:20151126075012j:plain
※親指の先がべこべこしてしまい、ボタンが押せない

肝心のスマホタッチは5本指の先っちょと手のひらで感知してくれます。

f:id:yamama48:20151126075003j:plain

f:id:yamama48:20151126075004j:plain
※薬指でもスイスイ。スマホだけでなく、いろんなタッチパネルに対応しています

 

裏地もふわっとしていて、あたたかい。

f:id:yamama48:20151126075006j:plain

 

この手袋があればもう、「ニットの筒」卒業だ!
5本指の快適な手袋スマホライフが送れそうです。

日々を共にしてもらうべく、防水スプレーもばっちり噴射しておきました。

f:id:yamama48:20151126072934j:plain
革は水に弱いので、使う前にかけておくと良いです。

 

殿方へのプレゼントにもイチオシ

デザインも機能もかなり満足。自分用の購入をおすすめするのはもちろんなのですが、これから季節は冬ですよ。
クリスマスやら忘年会やらホームパーティーやら里帰りやら、なにかとイベントが多い時期です。プレゼントを用意しなければいけない機会も増えることでしょう。

そんなときにこの手袋、なかなかいいと思うんです。

特に殿方に!

おしゃれさんはさておき、手袋がなくても大概の人はポッケに手を突っ込めばどうにかなりますし、とりあえず暖が取れればいいということで、デザインにはあまりこだわらず、近場で適当に購入してしまう人も多いのではないでしょうか。
(適当に購入したものってなぜか物持ちがよくて、何年も使い続けてしまいがち。なぜだろう)

おしゃれで、しかも「スマホがそのまま使える」手袋です。
自分では買わないけれど、もらったらうれしいという男性は多いに違いない。

手袋同様に「適当に買ってしまうで賞」ランクイン商品の「マフラー」あたりとセットでプレゼントなんて、いかがでしょう。
双方のデザインや色が似ていると、ちょっとおしゃれな感じになりそうです。
その他、同賞ランクイン商品としましては「傘」「ハンカチ・タオル」「靴下」あたりも挙げられるかと。

 

http://image.rakuten.co.jp/keitai/cabinet/item/555/page01/555-834114img20.jpg
※ちなみに、パッケージはこんなかんじです

もちろん、女性へのプレゼントにもよいと思います。
男性よりもデザインにこだわりを持つ人は多そうですが、ショッキングピンクの手袋が私の趣味なんですという方でもない限り、このデザインなら多くの方から支持を受けるはず。 

そして、何がいいって「翌日着」で手配できるところです。
(九州・沖縄除く。土日祝がお店の定休日であることにも注意)

ホームパーティーに、まもなく誕生日を迎える親戚が急遽来ることになった!とか、そんなシーンが都合よくあるかどうかはわかりませんが、意外と「急に、ちゃんとしたプレゼント」が必要になること、ありませんか?
私はそういうときは食品・お酒に逃げがちなのですが、いまのシーズンなら手袋という選択肢は大いにアリだと思いました。

12月29日(火)17:59まで500円OFFだそうです。


※Hameeさんのサイトはこちらです

item.rakuten.co.jp

 

レビューズサンプリングキャンペーン参加中

 

今週のお題「今年買って良かったモノ」