言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

弁当250円!惣菜150円!浅草の激安弁当屋「デリカぱくぱく」が大好き

IMG_7812

浅草エリアに住んでよかった、と思うことのひとつが「デリカぱくぱく」の存在である。

24時間年中無休で、台東区で一番安い250円弁当を販売するお弁当屋さん。浅草ROXの近くにあり、パチンコ帰りの方にもJRAウイング帰りの方にも、そして私にも、どんなときでも食べ物を「ぱくぱく」できる悦びをくれる。なんとあたたかいことか。

大好きだという気持ちを込め、私は「デリぱく」と呼ばせていただいている(あだ名のつけ方には悩んだが、最終的に「キムタク方式」でいかせていただくことになった)。

とにかく安い

IMG_8243

よくある「250円”から”」表記ではないことに注目してほしい。「250円」。断言する気持ちの良さ!

「から」「予定」「たぶん」「どっちでもいい(というときほど、どっちでも良くないケース多発)」「※画像はイメージです(イメージにも程がある!というケース多発)」……そんな言葉でごまかしたりしない!正々堂々250円勝負!

IMG_8242_Fotor

これで250円は本当にすごい。

この激安弁当のすばらしさについては既に多くのメディアで報じられているので、ご興味のある方はそちらをご参照ください。

【爆安】弁当1個250円! 浅草「デリカぱくぱく」が安すぎてつぶれないか心配になるレベル!! | ロケットニュース24
【浅草 怪しい激安250円弁当にトライしてみた!】 | 浅草スマートニュース

 

お惣菜も安い!

IMG_8236

私が「デリぱく」につい立ち寄ってしまうのは、破格の惣菜類のせい。揚げ物が多めではあるが、肉じゃが、おでん、ザーサイなど、お酒といっしょにいただきたくなるような惣菜類が豊富に用意されている。

IMG_8236_090517_070155_AM

値札シール、読めるだろうか。

まぐろのカマ焼きが200円、お好み焼きが150円、とんかつ6個入り200円、鯖の塩焼150円……

ほとんど150円か200円!(たまに300円)

 

IMG_8246

休日の晴れた日には「デリぱく」で食料を調達し、隅田川沿いでピクニックランチをすることもしばしば。

 

IMG_8247

とりわけおすすめなのが、レバー煮(150円)。レバーにはハツがくっついているので「レバハツ煮」と表現したほうが正しいだろう。

レバーのモソモソとハツのコリコリを両方楽しめるうえ、彩り程度に添えられたグリーンがニンニクの芽だというのがグッとくる。これで150円だなんて信じられない。

お酒のつまみとして十分な味付け。なので、

IMG_8248

おでんを食べ終えた空き皿に千切りキャベツ(コンビニで調達)を入れて、「レバハツ煮丼」化させてもおいしい。最高のピクニック!

IMG_9313_Fotor

料理をしたくない、お金も使いたくない……そんな夜、デリぱくに行けば豪華な食卓を演出することができる。

奥にあるチキンの照焼(140円!)は小ぶりながらも肉々しさがたまらない。骨ごとむしゃぶりつけるって、いいですよね。軟骨までボリボリ食べちゃう。

IMG_9321_Fotor

ししゃもフライも150円か200円。フライ系は家で温めなおした方がおいしい。

レバハツ煮は「材料」としてもすばらしく、食べきれなかった分をちょっとした野菜と炒めても美味。

IMG_1528_Fotor

信じられないでしょうがこれが私の朝ごはんです。巷じゃフライパンをそのまま食卓に出すのが流行っていると聞きました(スキレット)。ちなみに奥はまな板をお皿に見立てた自家製サラダチキン。まな板のまま食べるだなんて、まるで肉バルのよう!

それはさておきご注目いただきたいのは、スキレット、じゃなくてフライパンに雑に散らされたレバハツ煮×ピーマンの炒め物。こんな見た目なのに、ものすごくおいしくておかわりしたかったくらい!

デリぱくのレバハツ煮をスライスし、冷蔵庫のなかでしなびていたピーマン2つを投入、ごま油と少量の塩(レバハツ煮に味はついているので)で炒めただけ。時間もコストもおいしさも満点だ!

こんなにおいしくなるとは思わなかったので、ブログ用の写真は撮っていなかったのだ。食事記録アプリ用に撮ったものを多少トリミングしてでも紹介したくなってしまったほど、ということで気持ちが伝われば幸いである。

家のテーブルをデリぱく惣菜で埋めてひとりバイキングするのが夢です。割と叶いそうだな……

関連ランキング:弁当 | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)