読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

【食メモ】下北沢・本多劇場帰りの大庄水産

f:id:yamama48:20170424150701j:plain
ゴルゴ松本の「出張ゴルゴ塾!命の授業in下北沢」を受講するべく、母と下北沢の本多劇場へ。母娘で心の炎を燃やしてきた。今日はその後のごはんの話。

f:id:yamama48:20170424150702j:plain

19時ごろ終了とのことだったが、劇でもお笑いライブでも音楽イベントでも…とにかく催し物が定刻に終わることは、ほぼない。観劇後の興奮を肴に「チョイと一杯」は格別なのだが、その時間が楽しみすぎてお店を予約してしまうと「アンコール、憎し」という事態にもなりかねない。喜ばなきゃいけないのに素直に喜べない自分が嫌になって、もう最悪。約束の時間になってもお店には行けない、ましてや会場を抜けて「遅れます」の電話を入れることもできない、さあどうする。一度失敗したことがあり、あのハラハラと罪悪感に心の臓を鷲掴みにされる感覚は二度と御免だと思っている。予約せずフラッとどこかに入るのが一番なんだけれど、たま~に、なかなかサクッと入れるお店が見つからず流浪の民になることもあるんだよなァ…もう、そればっかりは仕方がないですね。

大庄水産があれば大丈夫

下北沢北口にある、庄やグループが運営する海鮮居酒屋チェーン「大庄水産」

本多劇場帰りの方は、ひとまずこちらを「観劇後の一杯」のお店候補に!2階建てという広さもあって、入れないことはなさそう。テーブルの広さもうれしいし、トイレもきれいで、観劇中に戦っていた膀胱を労わることもできる。

ビールは中ジョッキ480円(一番搾り)。瓶ビールもあり、ハイボールもウイスキーの濃さが3段階に分かれていて、価格差がついているのがありがたい。

お通しは網焼きで

「海産物を目の前の網で焼いて食らう」タイプのお店で、この日のお通しはアジの干物だった。

f:id:yamama48:20170424150703j:plain

ところで皆さん、焼肉お好きですか。
私は、きらいじゃないけど、苦手です。

食い意地が張っているのと、たぶん人間ではない何かが血に混ざっているようで、目の前にあるものは瞬時に食べてしまうという習性があり…焼けるまで待てない。焼くのが面倒くさい。

こんな私に誰がした、と顔をあげれば目の前には母がいた。母は焼肉もアジもしっかり網の上で育てられる女(ひと)だ。ふりがなを福岡名産「博多の女(ひと)」に倣ってみました。(博多出身ではない)

f:id:yamama48:20170424150704j:plain

私もがんばって待ってみたけれど、それでも、この写真のアジの焼け具合がいろいろ物語っている。もちろん、白い方が私のアジ。待てなくてこのあとすぐ食べましたとも。

せっかく目の前に網があるので、焼き物シリーズということでにぎす焼き(5尾で380円)をオーダー。

f:id:yamama48:20170424150706j:plain

アジが光りすぎ。

f:id:yamama48:20170424150708j:plain

本当はこんな感じだそうです。キスに似ているからニギスと言うらしい。分類は全く別物。白身でプリッとした感じで、この低価格にしてししゃもよりも「魚を食べている感」があるのはお得な心地。

※参考:ニギス | 魚類 | 市場魚貝類図鑑

網焼きメニューの種類は思いがけず多く、決められない母がお店の方におすすめを尋ねると、かに味噌甲羅焼き(480円)を提案された。先ほどのメニューでは、にぎす焼きの隣に写真がありますのでご参考に。

提供された甲羅の中には、ホワイトソース風のソースの存在感が全面に押し出されており、母はがっかりしていた。「かに味噌というよりグラタンね」。がっかりが口の端に上ってきていた。されど480円、そんなもんだろう。何を期待していたのか。

…という前段がありつつも、いざ焼いてみたらすんごいうまい。カニの身もたっぷりだし、ソースの中にしっかり味噌も入っている。グジャグジャッと混ぜて口に運べば、カニの食感と、ソースと味噌からなる異なる種類のクリーミーさが渾然一体となっているではないか。

写真がないというのは、撮る余裕もないほど夢中になったということ。ごはんに乗せて食べたかった。480円、すばらしいコストパフォーマンス!みんな大好き、コスパ!

お、値段以上

コスパといえば、カジキの角煮 煮玉子付(480円)にも大満足だった。

f:id:yamama48:20170424150710j:plain

このメニュー写真を見てオーダーしたものの、実際に目の前に現れたのは、こちら。

f:id:yamama48:20170424150707j:plain

玉子がまるごと1個!ネギが多い!うれしい!

「写真で見るよりかわいいですね」…女性お笑い芸人さんなどにウッカリそんなことを言ってしまうオヤジの気持ちとは、こんな感じだろうか。

玉子の黄身はコツコツ型。煮汁で水分を補って食べるとおいしい。カジキもおいしかったけど、ネギのいい仕事っぷりがすごい。こういうところでネギは確実に爪痕を残していく。こういう「主張しないのに裏切らない」仕事ができるようになりたいものだなあ。一生無理だなあ。ネギすげえなあ。

f:id:yamama48:20170424150711j:plain

それから、帆立と桜海老のかき揚げ(580円)もおいしかった!メニューから想像する「見た目予想」に対し、

f:id:yamama48:20170424150713j:plain

提供されたのはこちら。

「帆立×かき揚げ+海老×かき揚げ」という構成の一皿を想定していたものの、皿の上では「(帆立+海老)×かき揚げ」という方程式が成り立っていた。予想以上のボリュームだったので無問題。

サクサクで玉ねぎの甘さがたまらない。はッ、またネギ一族の仕業じゃないか。ネギども、華麗なる一族とは貴様らのことだったか!!天ぷらの名店とは異なるB級感が漂う”衣”もよかった。おやつ感覚を帯びたかき揚げ、最高のつまみだ。

f:id:yamama48:20170424150705j:plain

水産市場のサラダ(980円)も、なかなかのボリューム。

オーダーするときに「しじょう」「いちば」で悩んで「水産いちば?のサラダ?をひとつ」というアップダウン激しい音程で発音したのは秘密です。「しじょう」はマーケットのことだもんね…違うよね…私ったらお馬鹿さん!齢32。

サラダは初期設定だと和風ドレッシングが和えられることになっているので、ここは「別添え」を明確に希望。こうすれば手元の取り皿はハイブリッド仕様。海鮮だけお醤油でいただいて刺身気分を味わうもよし、ドレッシングをかけて「海鮮サラダ」化するもよし。こうした小さなことに気持ちよく対応してくださるのは本当にありがたいことです。

お、値段相応…?

お店には得意・不得意もあるでしょう。コスパとネギの仕事ぶりに感服しきっていたタイミングでの長ねぎのペペロンチーノ(400円)は少々寂しさを感じる内容だった。

f:id:yamama48:20170424150712j:plain

ただしこの写真を撮る前に1本食べてしまったのでその点はご承知おきを…。お皿が大きかったから少なく見えたのかも。味は申し分ない。おいしい。ネギは裏切らない。だからこそもっと欲しくなる、そんな欲張りなこちらの心が貧しいだけなのやもしれぬ。ネギに試された気がした。

ちなみにメニュー写真はこう。

f:id:yamama48:20170424150709j:plain

長ネギ以上に、隣の「あの時のエノキ バター」が気になってしまうのが悔しい。命名者にいつかお会いしたい。どうしてここだけヤンチャした?なぜエノキとバターの間を全角スペースにした?

ジャンボ特製ギョーザ(550円)も独特な一品だった。そもそも海鮮居酒屋でなぜ餃子をオーダーしたかって、「このお店にしては高くないか?実態やいかに」という好奇心に負けたからだ。その答えがこちら。

f:id:yamama48:20170424150714j:plain

鉄鍋的なものに盛られているにもかかわらず、一切のカリッと感を期待させないプルルンフォルム。水餃子と見まがうほどの水分だ。口の中に入れれば、ほろほろと口の中でくずれていく肉。溢れる肉汁。

「そうか、これはギョーザじゃない、ギョーザ型小籠包だったんだ!」

お肉の味つけは、おいしかったです。皮の粉っぽさも減点ポイントだろうなあ。ホットケーキをやや生焼けで食べるくらいが好きな私は、嫌いになれなかったけど。

本多劇場帰りの興奮を肴に、大庄水産で飲んでみては

なんだかんだでおいしくお安く楽しく過ごせた大庄水産。駅から近くて広いので、覚えておくと便利そうです。

海鮮 居酒屋 大庄水産 下北沢北口店

あっ! 命の授業

あっ! 命の授業

 

大庄水産 下北沢北口店居酒屋 / 下北沢駅池ノ上駅東北沢駅
夜総合点-