読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

あけまして、アメリカン ― 食パン1斤!ビーフシチューセット1200円

食事処-喫茶アメリカン(東銀座) 食事処

 

2014年の5月、噂には聞いていた極厚の「食パン1斤サンド」を求めてお邪魔して以来、もはや私の生活の支えのひとつとなりつつある喫茶アメリカン

1ヶ月に1度は訪問しており、その様子はほぼこちらでレポートしているわけだが、書いても書いても新たなニュースが飛び込んでくる。

 

f:id:yamama48:20140921201647j:plain

★リンク:「言いたいことやまやまです」内「アメリカン」関連記事一覧

※現時点で今回含め13記事

※レポートしていない日もあるので、いやはや、本当に何度お世話になったことか

 

 

2015年も引き続きお世話になりたい、元気を分けていただきたい!

さすれば行かねば「初アメリカン詣で」。

 

 

※本日の目次

 

1)「アメリカン」とは? 

ご存知の方はとばしてください。(テンプレ化に挑戦中)

 

2)ビーフシチューセット その真実

年末訪問時に「パストラミビーフサンド」をいただいたところ、いろいろ残念な想いを抱いてしまった私。

ビーフシチューセットは期待に応えてくれるのか!?

 

3)アメリカンな人々

その日の店内の様子をお届け。

周囲のお客さんが召し上がっているものも気になってたまらない、止まらない好奇心。

 

4)店主さんのお手紙コーナー

アメリカンを訪問する大きな楽しみのひとつ、店主さんの手書きポスター。

新年バージョンはいかに。

 

5)おわりに

 

 

【1】アメリカン基礎知識

 

東銀座、歌舞伎座の裏に佇む喫茶店。

 

f:id:yamama48:20150125095405j:plain

 

1斤分と思しき量の食パンが用いられた、極厚サイコロサンドイッチで有名な「伝説のサンドイッチ屋さん」である。

 

f:id:yamama48:20150125100026j:plain

 

31歳で脱サラして今年で創業32年を迎え店主さんの個性がキラリ、否、ギラリと輝くサンドイッチだが、他のメニューも含め、まるっと店内全体が「ユニーク」のかたまりだ。

 

営業は平日のみ、その時間も朝7時半から15時ごろ(パンがなくなり次第終了)までという、月~金勤務族泣かせのスタイル。

しかし唯一無二の存在感、そして目を見張るほどおいしい食パン、タマゴサラダのためなら、有給休暇を取ってでも訪れたくなる。(一生に一度くらいは、いかがでしょう)

 

件の「極厚サンドイッチ」は11時からはじまるランチタイムでいただくことができる。

一生に一度は、ぜひ!

 


アメリカン - 東銀座/喫茶店 [食べログ]

 

 

【2】ビーフシチューセット その真実

 

さて「アメリカン詣で」などと意気込んでみたものの、正直なところ、そこまで気分は弾んでいなかった。

 

アメリカンは12月から、バターや卵の価格高騰に伴い、サンドイッチセットが100円値上がりしている。

・・・が、値上げなどファンにとってすればどうでもよいことだ。

たかだか100円、愛の力を前にすれば痛くも痒くもない。

 

では何故気持ちが沈んでいるのか。

クリスマスに訪問し、パストラミビーフサンドを注文した際、名物のひとつであったボリューミーなサラダの量が減っていたためである。

値上げなどとは比べ物にならないほど、サラダが少ないことのほうが悲しかった。

 

さらに、まったくもって「サンド」されていないパストラミサンドに面食らってしまったのだ。

 

 ※その記録は下記の記事をご参照ください

http://yamama48.hatenablog.com/entry/american-de-xmas

 

パストラミビーフの汁(解凍時に出てくる水分と思われる)がふわふわの食パンに染み入り、ベッチャベチャになっていたこともショックでたまらなかった。

心なしか、パンの大きさも小さくなったように見えた。

 

ただ量が多いだけではなく、「あたたかさ」を感じるサンドイッチに惚れこんだのに、年末はその側面を感じることができず、ただでさえ虚しいクリスマス、私の心のスキマにはビュービューと風が吹きすさんだのだった。

喪黒福造に出会うことなく今日まで過ごせたことは、奇跡である。

 

 

それでも、一縷の望みがあった。

「なぜかビーフシチューセットはサラダの量が多いまま」という情報を入手していたのだ。

これは我が目で確かめなければ気が済まぬ。

そんな勝手な使命感が、年始の「アメリカン詣で」へと駆り立てたのである。

 

 

そんなこんなで到着した、新年一発目のアメリカン。

かつて入り口に掲げられていたビーフシチューの告知POPが、料金改定に伴いリニューアルされていた。

 

f:id:yamama48:20150121222611j:plain

 

f:id:yamama48:20150125101214j:plain

※「当店おすすめ!」かつ「大サービス」

※よくよく見ると、ビーフシチューセットの写真が額縁のイラストに入っている。センスに脱帽

 

 

訪れたのは12時半ごろだったが、スムーズに入ることができた。

初志貫徹でビーフシチューセットを注文。

セットのフランスパンが売り切れてしまい、代わりに食パンで、とのことだった。

個人的には食パンのほうが好みなので、願ったり叶ったり。

年始早々、幸先がよい。

 

持参していた新聞を読みながら待とうかと思ったのだが、開く間もなく、ビーフシチューセットが届けられた。

サラダは本当に「こんもり」とした量を維持しているのか?

ビーフシチューの量が減っていたりしないだろうか?

 

では、ビーフシチューセットの真実をご覧いただきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でん!

 

f:id:yamama48:20150121222600j:plain

 

 

でん!

f:id:yamama48:20150121222601j:plain

 

 

でーん!

 

f:id:yamama48:20150121222602j:plain

 

 

で、で、出たーッ!イオンコート!

 


【懐かCM】タイホー工業 クリンビュー イオンコート2(1991年) - YouTube

 

 

じゃなくて、ビーフシチューセット! 

 

そうだよ、これが「大好きなアメリカン」・・・!

名物のこんもりサラダは、私がいちばん好きなタマゴサラダ×ポテトサラダの組み合わせ(レタス上はランダムなので、毎回このコラボとは限らない)。

シャキシャキのレタスも、どっさり。

相変わらずハイカロリー、ヘルシーさ度外視のこのサラダに再会できたことに、心が高揚する。

 

そして、久々のビーフシチュー。

ごろごろと入った大きめの具が実にうれしい。

 

f:id:yamama48:20150121222603j:plain

※スライスされていないマッシュルーム、大好物

 

f:id:yamama48:20150121222604j:plain

※しっとりとしたジャガイモは、断面もほんのりビーフシチュー色。じっくり煮込まれていておいしい

 

 

「テンションアゲアゲ」とは今の気分を指すんだろうな、と思うほど、自分の中身が飛び跳ねている感覚があった。

 

 

・・・などと書きつつも、前日の晩にあんこう鍋を食べ過ぎた影響で、胃の空きスペースが十分に用意されていなかったのである。

 

f:id:yamama48:20150121222557j:plain

※月島の「ほていさん」にて

※オレンジ色の部分はすべて鮟肝という奇跡の鍋。幸せでした

 

 

大好物とはいえ、さすがに食パンにほとんど着手することができなかった。

 

f:id:yamama48:20150121222606j:plain

 

 

ほんのりとあたたかくて、ふわふわ、もっちり。

食べ始めるとついつい手が止まらなくなる、おいしすぎる食パン。

「あ、食べきれるかも」とも思うのだが、そんなことをすれば午後は仕事に手がつかなくなる。

「仕事をしねェ豚は豚以下だ」

というポルコ・ロッソの天の声を聞き、食パンは大人らしく持ち帰ることにした。

 

あ、でもシチューがもったいない・・・という貧乏性が隠し切れず、

 

f:id:yamama48:20150121222607j:plain

 ※パンでシチューを完食。嗚呼、貧乏性・・・

 

 

セットのドリンクはホットコーヒーにしたのだが、いつになく小さな(といっても他店の“普通”サイズ)カップだった。

サラダの量が元に戻った分、コーヒーを減らしているのかな、などと思ったのだが、隣席のおじさんはビッグサイズのカップを使っているではないか。

 

 

f:id:yamama48:20141226052033j:plain

※過去訪問時のもの。お冷のグラスより大きいカップ

 

 

ランダムにカップが選定されている様子で、それもまたアメリカンイズムを感じて微笑ましくなる。

  

食べきれなかった食パンをテイクアウト袋に入れて、満足、満足。

 

f:id:yamama48:20150121222609j:plain

 

ビーフシチューをいただきに来て、おみやげに食パン1斤をもらった気分である。

(事実、その通り)

 

 

 

【3】アメリカンな人々

この日のアメリカンで目を惹かれたのは、初めて見かける女性店員さんの姿。

仮にAさんと呼ばせていただくが、見るからに、最近勤め始めたばかりの方だった。

そんなAさんに、気が利きすぎる店主は絶えず声をかける。

 

「Aさん、○番さんに持って行って!」

「テーブル片付けて!」

「こっち来て!」

 

ご高齢の方がお帰りの際には

 

「Aさん、扉開けてさしあげて!」

「もっと!もっといっぱい!全開だ!

 

なんだか船の乗組員になったような緊迫感である。

それでも最終的には

 

「Aさん、ちょっと落ち着いて!」

 

って、エーーーーッ!

Aさんもさぞや戸惑ったことだろう。

(どうでもいいことだけれど、図らずも「エー」を連呼するくだりになってしまった) 

 

それにしても、店内に滞在している30~40分程度の間、幾度となくAさんの名前が連呼されたので、つい私も知人になったような気がしてしまい、食パンを持ち帰るための袋をもらおうと

 

「Aさんスイマセン」

 

と危うく名指しで声をかけそうになってしまった。

喉仏まで声のかたまりが出かかっていた。イカン、イカン。

 

「落ち着け」と言われつつも、矢のように降り注ぐ店主さんの指令に応えていくAさんの姿を目で追っていると、年末の料金改定に伴い(なぜかサンドイッチセットだけ)減量されていたサラダの量が「こんもりサイズ」に復活しているのがわかった。

 

f:id:yamama48:20150125102825j:plain

※過去画像より。祝・こんもり復活!

 

 

これには他のお客さんも大喜びに違いない。

うれしいなあ、と心を弾ませていると、斜向かいの席で「パストラミビーフサンド」を注文する声が聞こえた。

 

年末の記憶が蘇る。

 

 

f:id:yamama48:20150125094648j:plain

※年末パストラミ事件、ハイライト

 

 

注文の主は初来店の様子だが、このようなサンドイッチが出てきたら、驚いてしまうに違いない・・・トラウマになったりしないだろうか、心配である。

「勝手にアメリカン広報委員会」としては、どうかパストラミサンドだけで全てを判断せず、再来店を望むが・・・

 

「おまたせしました!」

 

Aさんが運んできたプレートを盗み見すると、年末のあれは夢だったんじゃないかと思うほど、きっちりと「サンド」されているパストラミビーフサンドセットが降臨していた。

当然ながら大容量であることは変わりなく、お客さんの顔は実に嬉しそうだった。

よかった!! 

 

 

サラダ量は復活し、パストラミサンドがその名の通り「サンド」に。

年末はちょっとした悪い夢をみただけだったのだ。

そうだ、そうに違いない。

なにせ12月は「師走」。アメリカンさんも忙しかったのだ。

 

いま目の前にあるボリューミーで個性的な世界。これこそアメリカン。

年末は寂しさで泣けてきたが、年始のいま、安堵感で泣きそうである。

Aさんもどうか、末永くよろしくお願いします。

 

 

【4】店主さんのお手紙コーナー

 

さて、詣でたからには忘れてはいけない「店主さんのお手紙」拝読コーナー。

2通、届いていました。

 

1通目)年始のあいさつ

 

f:id:yamama48:20150125094646j:plain

※テイクアウトカウンター上に掲出されている

 

f:id:yamama48:20150121222559j:plain

 

パソコン・ネットetcできない店主ですが

 

このブログが片想いだということは存じ上げているので、無問題。

ファン活動とは得てしてそういうものである。

 

 

2通目)いろいろなご事情、それでも「伝説の店」を目指して

 

f:id:yamama48:20150121222610j:plain

 

いろんなご事情が綴られた「店主のつぶやき」。

今回はコメントを添えづらいが、ただ言えることは、

 

f:id:yamama48:20150125094647j:plain

 

日テレさん、石ちゃん、清水ミチコさん!

何卒、よろしくお願いします!!!

 

※リンク:メレンゲの気持ち

 

 

【5】おわりに

 

大満足のひとときを過ごすことができた「アメリカン詣で」

しかし、「食パンを食べきるまでがアメリカンです」とはよく言ったもので、アメリカンファンとして、持ち帰った食パンをきちんと平らげたこともご報告したい。

 

f:id:yamama48:20150121222609j:plain

 

帰宅後、電気炊飯器もないくせに、なぜか所持している「パン切り包丁」にて適当にスライス。

 

f:id:yamama48:20150121222612j:plain

 

オーブントースターはないくせに、なぜか所持している「(ナショナル製)トースター」で、チーン!

 

f:id:yamama48:20150121222613j:plain

 

何もつけずにいただくのがいちばんおいしいと思いつつ、以前、「これをおからにかけたら、おからはデザートになるんではないか」とひらめいて購入し、あえなく失敗、その結果持ち腐れていたチョコレートシロップをかけたりして、楽しんだ。

 

f:id:yamama48:20150121222615j:plain

 ※どうやって使い切ろう

 

 

というわけで、最後までおいしくいただきました。

今年も元気を分けてもらうべく、唯一無二の伝説のサンドイッチ店「アメリカン」にお世話になりたいと思います。

今年もよろしくお願いいたします。