読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

東銀座・アメリカンの「食パン半斤サンドイッチ」

食事処-喫茶アメリカン(東銀座) 食事処

 

東銀座といえば、歌舞伎座。

昨年4月のリニューアルからしばらく経って、盛り上がりも落ち着いたように思われる。

そんな今こそ訪問のチャンス。

行けば絶対におなか大満足!「めちゃイケ」の人気企画「ガリタ食堂」でも紹介されたという、「食パン半斤サンドイッチ」が堪能できる喫茶店をご紹介したい。

 

 

■アメリカ人もびっくり!?「アメリカン」

 

美しくなった歌舞伎座。

その右横、文明堂などがある道を少し進んでいくと、喫茶店「アメリカン」がある。

 

f:id:yamama48:20140621211615j:plain

 

訪問したのは平日12時ごろ。

前々から訪れたかったのだが、土日祝がお休みで、夜は18時半までしか営業していないのだ。念願の訪問!

 

店の外観は、古き良き喫茶店といったところ。

 

f:id:yamama48:20140621211555j:plain

 

右手にはテイクアウトコーナーがあるのだが、やはり今回は店内で食べたい。

 

f:id:yamama48:20140621211556j:plain

 

店頭のメニューを見る限り、ランチは

 

  • サンドイッチセット(1,100円)
  • ビーフシチューセット(1,300円)

 

の2種。

 

 

f:id:yamama48:20140621211557j:plain

 

なんと!やや高いビーフシチューセットは開店31周年記念で200円引き。

初訪問ながらもその歴史を感じ、「そうか、31年か」としみじみしてしまうのだが、「ビーフシチューセットが正価になっているのを見たことがない」という情報もどこかから仕入れている。

フェア終了の6月末以降に再訪して確かめたいところだ。

 

入店すると、店内はまさに「ザ・町の喫茶店」。

12時にして客席は7割程度埋まっており、たまたま4人席しか空いていなかったため、そこに通されることとなった。

 

初訪問ということもあり、シチューのお得感に惑わされることなく、ベーシックなサンドイッチセットにすることは決めていた・・・が、具の種類が豊富で悩んでしまう。

 

f:id:yamama48:20140623213449j:plain

 

しかし、ここでモタモタして一見さん感が出るのが悔しく、個性の主張が最も強い「チキンサンド(リンゴ入り)」を直感でオーダー。

店員のマダムが伝票にメモをとり、踵を返した瞬間、後悔の念が押し寄せてきた。

 

(もっと悩めばよかったかも・・・)

 

ほぼ同タイミングで、隣の席のお姉さんが「スモークサーモンサンド」を注文したのだった。魅力的な響きである。

 

いや、この店の基礎の基礎を体感するのであれば、一番人気の「タマゴサンド」にすべきだったか。

だが、あいにく私はマヨネーズ系のサンドイッチがあまり得意ではないし、食べログを見てもほとんどの人が「タマゴサンド」の写真を掲載しているので、「チキンサンド(リンゴ入り)」のような個性的なもののほうが、情報価値も高まりそうだ。うん、そうだ。

 

いやいや、人生一度きりだし、後悔を残しちゃいけないよな、やっぱりサーモンに変えてもらおうかな・・・なんて悩み始めたところで

 

「おまたせしました!」

 

f:id:yamama48:20140621211558j:plain

 

噂のサンドイッチセットが目の前に降臨していたのである。

なんという速さ。デカさ。

サンドイッチもデカけりゃ、ドリンクのアイスコーヒーもビッグ。サラダももはやマウンテン盛りである。

そして何より

 

f:id:yamama48:20140621211604j:plain

 

(チキンってこういう感じなのか・・・!)

 

照り焼きチキン風の出で立ちを思い浮かべていたのだが、思い切り、「マヨ系サンド」である。

やはり一見さんであることを恥ずかしがらずに、店員さんに聞いてから、悩みに悩んで注文すればよかったのだ。

 

それにしたって出てくるのが早すぎやしないか。注文から1分も経っていない。

あとやっぱりデカい。そのサイズ、アメリカン。

噂のサンドイッチセットとの初対面で、様々な想いが交錯してしまった。

気持ちの整理がつかない。

 

 

■食パンの海に溺れろ!

 

大きな大きなサンドイッチ、横から見ると

 

f:id:yamama48:20140621211600j:plain

 

持ち上げてみると

 

f:id:yamama48:20140621211605j:plain

 

私の大口を以ってしても、ガブリと噛みつくのは至難の技だ。

となれば、店側は不本意かもしれないが、ここは得意技を披露するしかあるまい。

 

リンゴいっぱいのマヨチキンめ!

 

・・・こうしてくれる!

 

 

f:id:yamama48:20140621211609j:plain

 

いやはや、おいしかった。

マヨ系は確かに得意ではない、が、リンゴの甘酸っぱさとシャキシャキ感が絶妙で、とてもおしゃれな味わい。

あっというまに中身だけ食べきってしまった。

 

残るは至福の食パンタイム。

この世で最も好きなパンは、食パン。

こんなに分厚い食パンが食べられるなんて、幸せにもほどがある。

スマンね、ドキンちゃん。いま私は、しょくぱんまん様を独り占めする!

 

ちぎって、ひとくち。

 

・・・これは・・・おいしい・・・!

 

「食パン半斤サンド」というニュース性が先行してしまっているものの、先ほどのチキン×リンゴの相性といい、ものすごく、おいしい。

ふわふわでしっとり、みっちりした食パン、とても好みである。

ともすればシフォンケーキのような、ふわもち感。

そのうえ、アツアツだ。

 

パンの耳と白い部分を切り離して、それぞれの食感を楽しんでもおいしい。

先に食べてしまったチキンの痕跡が残る、「ややマヨ部分」もおいしい。

 

セットのコーンスープを使って、

 

f:id:yamama48:20140621211606j:plain

 

パンとコーンスープという、大助花子もびっくりの好相性ぶりを満喫するもよし。

 

このコーンスープ、私の味覚が確かならば・・・

 

 

これだ。

 

どうして私の好物を知っているんだァァァ!

この甘さ、もったり感。

食パンに絶妙に絡んで、最高においしい。

もう、おいしいしか言っていない。

 

 

そして忘れてはならない、マウンテン盛りのサラダ。

 

f:id:yamama48:20140621211601j:plain

 

和風ドレッシングのかかったレタスサラダに、どさっとマカロニサラダ。

レタスの上に乗るものは、気まぐれのようだ。

周りを見渡すと、ポテサラ、ツナサラダ、タマゴサラダ、私が食べたチキンサラダなど、バリエーション豊かだった。

ただ、言えることは「マヨ系サラダ」しかない点だ。

和風ドレッシングは無い方が、おいしいかもしれない。

このサラダを食パンに乗せて食べてもよさそうだ。

 

おなか満足、夢いっぱい。

隣の席のスモークサーモン女子は、さすがにすべてを食べきることはできず、サンドイッチ半分を持ち帰っていた。

そう、お店側はお残し前提でこのサンドイッチを提供しており、持ち帰り用のプラスチック容器を用意してくれているのだ。

なんて、親切!

 

私はぺろりと平らげたので、その機会にはありつけず。

 

f:id:yamama48:20140621211611j:plain

 ※スープもこのあと全部飲んだ

 

ああ、本当に本当に本当においしかった。

近日中に絶対再訪しよう。

 

明日はお店の独特な雰囲気についてご紹介。

たった1回の訪問で、すっかり大好きなお店に!