読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

赤坂見附駅前のワイン居酒屋「あじる亭」のお通しパンが、おいしすぎておかわりもできて辛い

新卒のときの勤務先は、赤坂でした。お酒を飲むには困らない場所でしたが、いまほどお酒に関心がなく、とにかく「好物があるかどうか」でお店選びをしていました。

「今日はどうしても洋食が食べたい」というときに駆け込んでいたのが、赤坂見附から歩いて2分のところにあるワイン居酒屋「あじる亭」さんです。

あじる亭

良心的な価格でおなかいっぱいに

少し年季がはいった、木のあたたかさとワイン愛を感じる店内も素敵。金曜日の19時半に予約していたのですが、店内は満席でした。わいわい賑やかで、活気にあふれています。テーブル席中心ですが、手前にはカウンター席もあるのでひとりでふらっと来ても楽しそう。

お店自らが「ワイン”居酒屋”」を標榜していることからも察せますが、お料理が500円からととてもお手頃なのがうれしい。

冷菜は「シャルキュトリー盛り合わせ」(1人分600円、注文は2人分から)がおすすめです。

あじる亭

これで2名分!生ハムやパテ・ド・カンパーニュ、サラミなどがめいっぱい盛られています。真ん中手前に盛られている、鴨の生ハム(ハムって豚のもも肉の意味だから、違う名称があるのかも)がとりわけ旨い。

そして、この日のおすすめメニューのなかから、タコとサーモンのカルパッチョ(たしか900円くらい)を。

f:id:yamama48:20160925085717j:plain

サーモンのひと切れが大きい。うれしい。いま、私、サーモン充。

あたたかいお料理も、ということでアヒージョをお願いしました。価格失念。すみません。

あじる亭

アヒージョってこじんまりとした器のイメージがありますが、サラダボウルのような大きさの鉄鍋で出てきます。オリーブオイルもモリモリ。

背後にパンを写りこませていますが、これにオリーブオイルをぎゅぎゅっと浸みこませていただくと、そりゃもうパラダイスです。なんなら、細かくちぎったパンを放り込んで、放置して、油まみれにしてフォークで刺していただきましたよ。連れが理解ある女性でよかった。

脂質量?カロリー?糖質?あじる亭さんに来たら、そんなこと気にするのは無粋の極み。だってこのパン、「お通し」なのですが、異常においしいんです。

あじる亭

私が好きなパン、東銀座の「喫茶アメリカン」の王座はどうしても譲ることができませんが、あじる亭さんのパンは間違いなく2位に来ます。とにかくモッチモチ。これがおかわり自由だという奇跡!

なので自然と、「つけ汁として魅力的なメニュー」に目が行きます。たとえばこちら、看板メニューのひとつである大人のハンバーグ(1,150円)

あじる亭

お皿が真っ白になるまで、パンでソースを拭ってしまう…デートでこのお店には、来られないなあ。マイッタマイッタ。

クライマックスは意外な1品を

あじる亭さんでのお目当てと言えば、前述の「おいしすぎるお通しパン(おかわり可)」と、

あじる亭

プリンです。
糖質制限をしていても絶対ガマンできない、私が知る小さな世界の中では「世界一うまいプリン」です。

本当に、なぜ写真を撮らなかったのか…自分を恨むばかりですが、写真左手に写っているポットのなかにはキャラメルソースが入っています。これが、苦いんです。甘さより苦みのほうが強いんじゃなかろうか。大人の味とはこのことか、と言いたくなります。

この、一切媚びていないキャラメルソースを、パンに、かける!!そんじょそこらのケーキよりずっとおいしいと思います。信じられないおいしさです。

連れの女性は非常にクールなデキる女で、想定内だったのですが「私は甘いものは好きじゃない」という方でして、それでも強引に「頼むから食べてみてくれ」とお願いしてみましたら…プリンそのものも含めて、大変な高評価をいただきました!(ありがとう!)

そう、プリンも

あじる亭

パニラビーンズが見える。プリンというよりもカスタードクリームだと思って、パンに乗せてお召し上がりいただきたい!もうね、糖質制限していたことがアホらしくなるおいしさです。私はこのために、今日もあじる亭さんに来たのだ…そう思わされる充足感があります。

この奇跡のプリンが250円だなんて、信じられない。すぐ近くの席にいた男性5人組は、ひとりひとつ、プリンを注文していました。

本当は、ワインがすごい

とても気軽に楽しめるワイン居酒屋さんですが、スタッフさんの胸にはソムリエの葡萄ブローチがキラリ。揃えられているワインは、グラスで20種、ボトルで400種にもなるそうです。グラスは600円くらいから、ボトルだと、お手頃なものだと2,600円からあります。ものによってはカラフェでお願いできるみたいです。

1杯目にうっかりハイボールをお願いしてしまったのですが、おすすめの国産ウイスキーで作っていると、メニューに書かれていました。でも、ハイボールはやっすい居酒屋で炭酸バチバチのやつがやっぱり好きかなあ。800円くらいしたように記憶しているのですが、小ぶりだったこともあり、私の口にはお上品すぎました…素直に最初からワインにすればよかった。

スタッフの皆さんが本当にワイン事情に明るいので、きちんとおすすめを提案してくださいます。新卒のころは、ワインになんてほとんど目もくれず、パンと、ソースがおいしいお料理と、プリンをひたすらに食べていたなあ…歳、とったなあ…。

お店情報

パンとプリンの奇跡を、みなさまもぜひ。全16品、2時間飲み放題で5,000円という素敵なプランなどもありました。行きたい。

赤坂あじる亭

〒107-0052 東京都港区赤坂3-10-4 月世界ビル2F

地下鉄丸ノ内線 赤坂見附駅 ベルビー口 徒歩2分/地下鉄銀座線 赤坂見附駅 ベルビー口 徒歩2分/地下鉄千代田線 赤坂駅 2番出口 徒歩8分

月~木・土 17:00~24:00(L.O.23:30/金 17:00~翌2:00(L.O.1:00)
定休日 日曜日・祝日

ネット予約や店舗詳細はこちらからどうぞ!⇒ ワイン居酒屋 赤坂あじる亭

 

六本木・赤坂周辺のお店