読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

健康バイキング「野の葡萄」 (1)-その前にゴールド免許を更新する

■免許更新のご褒美に

 

今年は自動車免許の更新の年である。

光り輝いていないゴールド免許。

免許が埃をかぶればかぶるほど、優良ドライバー扱いされるというのは皮肉なものである。

されどこれほどまでに便利な身分証明書はないわけで、面倒くさいながらも更新手続きを行うことになった。

 

優良ドライバーな私は、指定された複数の警察署でも更新手続きが可能な身分である。

 

試験場、免許更新センター、警察。

どこでもよいので、パッパッと手続きが終わるところがいい。

試験場は家からのアクセスがやや悪いのでパス。

警察が気軽そうだが、「免許一筋」感に期待を込めて、神田免許更新センターに伺うことにした。

極めているからこそ、更新対象者たちがベルトコンベアの上を流れる缶詰のごとく、手際よく更新手続きできるような気がする。

 

神田運転免許更新センター :警視庁

 

それにしても、免許更新のためだけに神田、というか大手町を訪れるのは不満だ。

その褒美となるイベントがほしい。

 

考えるまでもなく、食べ放題開拓。

私はこの褒美のためだけに、免許更新を理由に午前休を取得した。

食べ放題がもっとも勢いに乗っており、安くおいしく食べられるのは、やはり平日の昼なのである。

土日になると途端に料金が高くなり、店側の「稼いでやるぜヒヒヒ」感と客側の「モトとってやる!」という正義感との戦いが始まってしまう。

 

ひどく悩んだ。

とてもカレー曜日な気分だったので、京橋の「もうやんカレー」の食べ放題が候補に挙がった。

 

もうやんカレー | 店舗のご案内

 

たった1000円で天国に行ける食べ放題。ジャガイモがうまい。

 

・・・しかし、もうやんは土日も平日も分け隔てなく親切な1000円ポッキリ食べ放題なので、「平日ならでは」を有効活用したい。

 

それに、いつも以上に思い切り食べたい気分だった。

 

となると、カレーよりもヘルシーなところを希望。

和食食べ放題チェーンの「はーべすと」的な店はないものか。

 

はーべすと ルミネ池袋店 - 池袋/自然食 [食べログ]

 

いっそ日本橋まで行って、流行りの刺身食べ放題店「たいこ茶屋」に行くべきか。

 

制限時間60分で刺身食べ放題! しかもお値段たったの1000円で超お得 / おさかな本舗 たいこ茶屋 | ロケットニュース24

 

いや、午後からの仕事で有楽町に用があるので、その周辺が都合が良さそう・・・ということでウンウン呻きながら辿りついた答えは、丸の内にある和食食べ放題の店「野の葡萄」である。

 

食彩健美 野の葡萄 丸の内東京ビル店 (ショクサイケンビノノブドウ) - 東京/自然食 [食べログ]

 

全く知らなかったが、チェーン店として全国展開されている。

店名には「食彩健美」の4文字が掲げられており、「た、たくさん食べてもヘルシーだしね、ヘルシー」という「心の中の逃げスペース」をもたらしてくれるところが良い。

しかし何より魅力的なのは、90分間のランチ食べ放題が1600円だという点であろう。

 

そして、ついでに魅力的なのは「葡萄」・・・今期のフルーツ仮面ライダー、その名も「鎧武」において、最も好きなのは葡萄クンである・・・

 

「食べ・放・ハッ・ハッ・ハッ!」

 


仮面ライダー鎧武 DXブドウロックシード 仮面ライダー龍玄セット - YouTube

(1:08あたりから変身の一連の流れ)

 

話は戻って「野の葡萄」。

よく見てみれば土日も同じ90分1600円で実施しているようなので、当初目的の「平日フル活用」が達成できないのだが、もういい。この店に決定。

 

足取り軽く、神田免許更新センターに赴いたのであった。

 

 

■免許更新センターにしてよかった・・・写真不要!

f:id:yamama48:20140502045741j:plain

 

免許更新通知ハガキには、「このハガキと今使っている免許、あと証明写真もってこい」と記載されていたのだが、私はセンターの専門性に賭け、証明写真は用意しなかった。

予想どおりその場でバシャリと写真を撮られたので、この情報が誰かの役に立つことを祈るばかりである。

 

そしてこれまた期待通り、大変効率よく手続きが進められ、30分ほどの講義&ビデオを見て終了と相成った。

全てをあわせても1時間もかからずに出てくることができた。

 

高い専門性ゆえの見どころも書き記しておきたい。

講義を担当してくれた女性(アラフィフ世代とみた)は、非常になめらかな口調で改定された道路交通法のポイントを教えてくれた。

一度たりとも噛むことなく、はっきりと抑揚をつけ・・・その姿、落語家の如し。

皆がボーっと、手元の教本に視点を落としていると、

 

「皆さんの顔がこちらに向いたら、お話を、始めます」

 

彼女の左手の薬指で鈍い光を放っている結婚指輪を見つけ、胸が熱くなる。

お母さん・・・!

 

映像終了後には天井からぶら下がっている紐をグイと引き下げる。

追加スライドでも出てくるのかと思いきや、完全に手作りの模造紙パネルで「免許の暗証番号の入力の仕方」を図示してくれたのである。

「サンデーモーニング」もびっくり。

最後に卒業証書を受け取るように、彼女からひとりずつ番号を呼ばれて免許をもらい、更新終了。

 

免許更新の際は、神田免許更新センターをおすすめしたい。

さていよいよ次こそ、「野の葡萄」レポートです。