読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

言いたいことやまやまです

自意識過剰な三十路OLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

ファミレスで過ごした夜の記録 (1)

交際相手もいない1人寂しいアラサー独女は、何かにつけて虚無感を覚える機会が多いのではなかろうか。

少なくとも私はそうである。

 

仕事がうまくいかなかった、どうも体調が優れない、楽しいことがない・・・そんな風に心が満たされないとき、その穴を埋めてくれるのはいつだって「食」である。

食べれば口の中は幸せだし、もれなく胃が膨れる。

食べものたちはただ黙って、私に尽くしてくれるし裏切らない。

 

困るのは太ること。それに尽きる。

したがって、「大いに食べる」という行為は、カロリー消費チャンスの多い日中が望ましい。

しかし、上述した「うんざり気分」というのは多くの場合夜に訪れるものである。

 

 

■OBAMAと同時に憂鬱が来た

 

先週は米国大統領が来た。

次郎さんの寿司を大勢で食べる写真を見て、要人は気の毒だと感じた。

人生で一番うまかったと言っていたそうだが、あんな雰囲気でうまいまずいがわかるものか。

ひとりでゆっくり食べたいだろうに、実に大変な仕事である。

 

不思議なことに、彼が来日するとともに、アメリカのおしゃれな風が吹いたせいなのか、私は仕事がうまくいかなくなった。

日が沈むにつれ、自分の非力さや効率の悪さを憂う日々が続く。

夕方になるとムシャクシャして、いっぱい食べて全部忘れたくなるのだ。

 

太ってもいいや、という想いで食べ放題に行くことも検討するのだが、夜の時間帯に食べ放題を実施している店はあまり多くない。

ディナーメニューの残り物その他を一掃しつつ、お客様にサーブする手間をなくしたのが、ランチタイムの食べ放題なのだと思われる。

それに、「太ってもいいや」と覚悟しつつも、心のどこかでは遅い時間の食べ放題に怯えている自分がいる。

 

安く、たくさん食べられて、それでいて食べる量をある程度のレベルでセーブしたい。

ついでに言うと、日中に読み切れなかった本を読みたい。

その上、今日はパソコン作業もしたい。

ムシャクシャ気分を抱えたまま夜の街を歩き、考えを巡らせた。

 

 

■夜に、安く満腹になり居心地よく仕事もできる店はどこだ

 

【候補1】前から行きたかったスープカレー屋さん

 

結構な量が出てくるようだし、比較的リーズナブルだった。

しかし店が小さいので長居は難しそうだ。却下。

 

 

【候補2】愛用しているモツ焼き屋

 

ものすごく安くておいしい居酒屋があるのだ。

しかも火曜日はゆで卵をタダでくれる。

今日は火曜日じゃないか・・・久々に行ってみようか、と思った。

タモリさんは飲み屋で本を読むなんて信じられないという旨をおっしゃっていたが、家が嫌いで人と会話することが得意でないとなると、居酒屋×読書の相性の良さといったらないのだ。

タモリさんに嫌われたくないが、きっと会えることはないので我が道をゆこう。

しかし待て、今日はどうしてもノートパソコンを開きたい。タブレットどころではなく、ノートパソコンで作業がしたい。

となると、さすがにそれは店に失礼だ。

カウンターでノートパソコンなんて開いてみろ、周りの客の酒をまずくしてしまうに違いない。無粋の極み。

残念だが今日は却下だ。

ゆで卵はセブンイレブンで買って食べればよい。

 

 

【候補3】家

 

狭い我が家は嫌いだが、野菜を大量に買い込んで、嫌というほど食べるのはアリかもしれない。

たくさん食べても、野菜なら身体にかかる負担も少ないだろう。

ノートパソコンだろうがなんだろうが、自由であるのも利点である。

 

だが却下だ。今日はだめ。

 

実は数日前にも「ああ、とにかくいっぱい食べたい!」という日があり、その日は家での食べ放題を実施したのである。

野菜を中心にたくさん、本当にたくさん買ったのだが、恐ろしいことにすべて食べきり、それでは欲が収まらず、食べる予定のなかったストックおやつにも手を染めてしまい、大変後悔したのである。

そのうえ、あまりにも野菜を食べすぎたのか、胸やけに苦しんだ。

(思い返せば新タマネギの食べ過ぎである)

 

あの胸やけの気持ち悪さ、そして後悔するときの嫌な気持ち。

今、ただでさえウンザリした気分でいるのに、そんなものを追加で塗りこまれたらもう眠れやしない。

 

 

【候補4】マクドナルド

 

・・・即却下。

 

脳裏をMの字がかすめただけ。

私がM属性だという神からの突然のお知らせだったのかもしれない。

だとすれば今は黙ってろと言いたい。

神様、そんな暇があるなら、いい食べ物屋を紹介してください。

 

 

【候補5】サイゼリヤ

 

神は私を裏切らなかった。

マクドナルドの赤と黄色を追いかけるようにして、緑色のあの看板が脳内に訪れたのだ。

それだ、それだよ!今日はサイゼリヤだよ!

 

私の生活圏内に増えてきたサイゼリヤ

大概のものはおいしいと思える幸せな口を持っているので、日ごろから愛用している。

200~300円程度のミニおかずが複数種あるのがよいし、ドリンクバーもある。激安ワインもある。あと、「プチフォッカ」は大好物である。

 

私の生活圏内にあるファミレスといえば、ほかにはデニーズしかない。

デニーズは本当に心から愛している店だが、安さは備えていないし、ドリンクバーがなくなってしまった。

 

というわけでサイゼリヤにて憂さ晴らし大食いディナーを開催することに決定したのである。

詳しくは次回に。

 

※奇しくも先週のタモリ倶楽部は「サイゼリヤの間違い探しが難しすぎるので挑戦してみよう」の回だった

 

※次回こそはサイゼリヤ体験記です。明日更新!

 

タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?

タモリ学 タモリにとって「タモリ」とは何か?