言いたいことやまやまです

自意識過剰なアラサーOLの言いたくても言えないこといろいろ(食ネタ多めで)。

頼られることに喜びよりも不安を感じてしまうダメな大人は私です

このツイートがすてきで、いいねボタンを押したのだけど、直後にもう一度押して取り消そうかちょっと迷ってしまった。私自身は、頼られるということに複雑な気持ちを抱いてしまうからだ。

「頼られる」「依頼をもらう」ということは嬉しい。しかしそれ以上に苦しくなり、その重量に押しつぶされて、嬉しさはぺちゃんこになってしまう。認めるのは辛いことだが、頼られることが苦手、なのかもしれない。

嬉しさをしのぐほどの苦しさと不安感。なんともいえぬ「嫌な」気持ちになるのだ。何かを依頼されたときのシミュレーションをするだけで、私の表情は少し硬くなる。

なにゆえ、不快になるのだろう。「依頼」とは能力を認めてもらっている証拠、存在価値を見出されている証拠……承認欲求の化身のような私にとって、むしろ好物であっていいはずなのに。

モヤモヤしたこの気持ちを紐解いていくと、「逃げたい」「プレッシャー」「ちゃんとやらなきゃ」といったキーワードが、炙り出しのようにじわじわと頭をもたげてくるのがわかってきた。ああ、また「べきねば症候群」を発症しているのか!

 

「ちゃんとしなければ」は、私の人生における最大の敵かもしれない。

30歳を過ぎてなお、幼いころに描いた夢には近づけておらず、子どもを産むでもなく、意識の低いOLとしてダラダラと日々を生きている。資本社会経済をほのかに回す消費者のひとりでしかない。

必要とされたい、名をあげたい。そう思いながらも自分で自分を抑圧している。「出る杭は打たれる」ものなのに、「打たれる」ことへの恐怖に身を震わせ、怒られないように、否定されないように、「ちゃんとしなければ」と無意識のうちに自分を律そうと躍起になっている。

幼いころは、褒められることばかりだった。ちゃんとしている、しっかりしている。それをどこかで、「褒められる=優秀であり必要とされている」「怒られる=不出来で不必要」と勘違いし、その認識を何度も自分で擦り込んでいってしまったのではないか、と今は思っている。20年以上自分に呪詛を送っていたようなものだ、そう簡単に変わることはないだろう。

それゆえ、気づかぬうちに「怒られるような事態」を回避する思考・言動を取ってしまう。これは私にインストールされたプログラムなのだ。誰かに何かを依頼されたときの不快感は、プログラム発動の証。「ちゃんとやらなければ怒られるんだよ」「“怒られる”ということは、”おまえは無価値で、期待に応えられない能無しの存在”ということなんだよ」「だから、回避せよ」

モヤモヤとした嫌な気持ちは、そのアラートだ。

本当に、公私にわたって「お願いされること」に弱い。そしてそんな自分が悲しい。だっていつまでたっても、このままじゃ絶対に「自分の名前で仕事をする」なんて無理だもの。だから、変わらないと、変えないと。

……と、思っていたのだけど、カウンセリングやコーチングの先生方にお世話になるなかで、「”変える”のはほぼ無理」という自分なりの結論に至った。なぜならこの思考回路や脊髄反射は「20年もの長きにわたり積み上げられた呪詛の効果」であり「プログラム」なのだ。「持病」と言ってもいいかもしれない。そんなものが、一朝一夕の決意ごときで変わるもんか。年始の抱負ごときで変わるもんか。本気を出せばできないこともないだろうが、ビッグバンに匹敵する何かが自分のなかで起こることでもなければ、並大抵の努力で達成できることではないはず。

それに、「変えなければ」という想いを抱きすぎると、「変えたいのに変わらない自分」との間できっとまた悩むことになる。

……ということで、「自分の性質とうまく付き合う」が現時点での私の答え。

 

付き合い方のひとつとして、「やってください」とお願いされる前に、自分の気持ちを「これやりたい」に持っていくのがよいようだ、というのがわかってきた。

プライベートはまだしも、仕事(本業)は日々このトレーニングです。いま広報部に所属しているのだけれど、興味のない案件の広報活動をしてくれと突然頼まれると、プログラムのアラートは最大音量でけたたましく体内に鳴り響くのだ(興味のあるなしで仕事に取り組めなくなるなんてプロじゃないですよね……ほんとすいません、情けないです)

いかにして「これやりたい」化するか。

いろいろ試している最中ではあるが、その案件(プロジェクト)が始動しはじめた段階で仲間に入れてもらうのが効果的だった。

新卒入社したのが広告制作会社で、そこではチームで動くのが基本だった。よい先輩方に囲まれていたせいか、チームプレイがけっこう好きらしいのだ。というか、発言やアイデアへの反応を欲してしまう!アイデアを出して「それいいね!」と言われればやる気が出るのだ。単純。

ほぼできあがった状態で「あとよろしく」が本当に苦手……とはいえ広報という立場上、ひとつひとつのプロジェクトに深く入り込んでいたら1日24時間じゃ足りなくなるわけで、いやはや、いまの仕事、苦手だなあ……

いつの間にか仕事の愚痴になっちゃった。

何を書きたかったかというと、みんながみんな、頼られてうれしいわけではないのだということでした。でも、「頼られて、そこに悦びを感じてがんばって、その成果によってさらに頼られて」……というよいスパイラルを生み出せる人間に、本当はなりたいんです。なれるように、まずは「自分の思考のクセとうまく付き合う」ことから……。

有楽町にある高知県アンテナショップで入手可!「ゆずもう一杯よーぐると」がおいしかった

https://www.instagram.com/p/BbLc3Q1BPNe/

先週 #ゆず活部 のパーティーにもお邪魔したのでした。今晩レポ記事をブログ(http://yamama48.hatenablog.com/)にアップします。

高知県のアンテナショップ「まるごと高知」さんにて、名産品の「柚子」のフェア、その名も「#ゆず活」を12月22日まで開催中。土日にゆず搾り体験などができるそう。

ありがたいことに「ゆず活部」の部員として仲間に入れていただくことができ、「まるごと高知」さんのブログ「#ゆず活部」で2回、記事を書きました。

↓これです

yuzukatsu.blog.jp

yuzukatsu.blog.jp

続きを読む

靴を履いたまま着脱可!冷え症さんのオフィス使いに最適な「遠赤足首ウォーマー」が良すぎて自宅用にも購入

寒くなってまいりました。冷え症な自意識過剰アラサーOLのやままです。

「冷え症」×「自意識過剰」×「アラサー女」、文字の羅列だけで面倒くさそう。ここに「低血圧」が加わってごらんなさい。「月経不順」を乗せて満貫だァ!

それはさておき、冬場、多くの冷え症さんたちが悩むのは「足の冷え」ではないでしょうか。オフィスや自宅デスクにブランケットを常備されている方も多いでしょうが、冷えはもっと下からやってくるのです。そう、足首。

写真がすべてを物語っていますが、足首の冷え対策に最適なグッズを見つけ出し、オフィス用に購入したはずが「今年買ってよかった」を感じすぎて自宅用まで追加購入。

その名も「遠赤足首ウォーマー」をご紹介します。

  • 着脱しやすいレッグウォーマーはないものか
  • マジックテープで簡単着脱!「遠赤足首ウォーマー」に出会えてよかった
続きを読む

肉まんの背番号は50番の奪い合い ~神楽坂の「五十番」の肉まんを食す~

神楽坂といえば、赤城神社にペコちゃん焼に、五十番の肉まん!そのビッグサイズぶりで大人気だそうだが、神楽坂事情に明るくなく、まったく存じ上げず……。

「そんなに有名なら」と購入。事前知識なしで買って食うとこうなる、というレポートをお届けします。

続きを読む

ダイエットに!冷え性対策に!踏み台昇降運動でエクササイズ「HOT STEP(ホットステップ)」に入会して忘年会シーズンに立ち向かう

踏み台昇降運動エクササイズスタジオ「HOT STEP(ホットステップ)」をご存知でしょうか。

2017年12月現在、銀座・麻布十番・恵比寿の3店舗。ホットヨガスタジオのような温められた暗い照明の室内でダンスミュージックに合わせて踏み台昇降運動するという、温故知新ムードのあるフィットネススタジオです(女性専用)。

食レポ仕事が増えて太ってきた私、体験レッスンを受けた足で入会してきてしまいました。その日の様子をお届けします。

目次

  • 目次
  • ダイエットしたい!エアロビしたい!ヨガは苦手!
  • ”踏み台昇降運動”でエクササイズ!「HOT STEP」とは
  • 「HOT STEP」体験レッスンを受けてみた
  • シャワー・ドライヤー・化粧台たっぷり!きれいすぎる設備で入会決意

 

続きを読む